- Blog記事一覧 -腰痛になった場合「鍼治療」と「整体」どちらがよいか?

腰痛になった場合「鍼治療」と「整体」どちらがよいか?

2018.10.30 | Category: 腰痛の解消

腰痛は様々な種類があり、人によって原因が異なります。

多くの場合、筋肉が傷付いてしまったり、加齢によって、骨が変形してしまったりすることがあり、

治療法も整形外科を受診した場合、運動療法や、リハビリ、腰の痛みをとるためのものが中心となります。

腰痛が起こった場合、通常の治療と並行して整体や鍼治療を受けることがあります。

鍼治療は国家資格がある施術者が行うところで、検査などは行いません。

体の一部分を刺激することで痛みを和らげ、ツボを刺激することで、伝達経路をブロックします。

整形外科の治療のあと、予防的な意味で使われることが多く、ぎっくり腰や坐骨神経痛などに効果があります。

整体は、筋肉をほぐし、血液の流れを良くすることで、腰痛が良くなるように施術を行います。

姿勢が悪い場合は、正しい姿勢に戻してくれるので、全身の状態が良くなります。

整体の場合、国家資格は必要ないことが多く、治療効果も善し悪しが分かれます。

マッサージ店とは違い、体を整えていくので、腰痛に詳しい施術者のもとで、施術を行うと安心です。

鍼治療と整体は保険適応でないことが多いです。あくまで、整形外科治療の補助的な意味で利用すると良いでしょう。