- Blog記事一覧 -腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について②

腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について②

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

鶴岡市・庄内 腰痛 治療を得意とする

エイト鍼灸整骨院・整体院 三浦です!

本日も鶴岡市・庄内町で腰痛にお悩みのあなたの為に

お役立ちの情報をお伝えしていきます!

本日のテーマは・・・

「腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について②」

です!
本日からは具体的なテーマに沿ってお伝えしていきます!

テーマ①

・自分の歩き方を把握する

歩くときは常に鏡を見ているわけではありませんから、

自分がどのような姿勢で歩いているか分からないものです。

正しい姿勢で歩いているか、どのような癖があるのか判断するには、

靴底の減り方を見てみましょう。

靴のかかと部分が磨り減っている場合は、膝が曲がっていたり、背中が丸まったまま歩いている可能性があります。

靴底の外側が減っている場合はO脚になっていたり、ガニ股になっていますし、内側が減るのはX脚や内股になっているかもしれません。

片方の靴底だけ極端に減っているのであれば、骨盤の歪みが大きく、左右非対称の姿勢で歩いています。

いずれにしても、正しい歩き方をしていれば靴底は均等に減っていきますから、

一部分だけ明らかに減っている場合は間違った歩き方をしているので、

歩くだけで腰に大きな負担をかけています。

どうでしょうか?

自分の靴底を今すぐチェックしてみましょう!!

左右差がある場合などは特に腰痛の原因に大きく関係してきます!

やばい!!

と思った時は

鶴岡市・庄内 腰痛専門治療院 エイト鍼灸整骨院・整体院に

是非ご相談ください!!

続きはまた!