- Blog記事一覧 -腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について③

腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について③

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

鶴岡市・庄内 腰痛 治療を得意とする

エイト鍼灸整骨院・整体院 三浦です!

本日も鶴岡市・庄内町で腰痛にお悩みのあなたの為に

お役立ちの情報をお伝えしていきます!

本日のテーマは・・・

「腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について③」

です!

テーマ2
・負担をかけない歩行姿勢

腰に負担をかけないようにするには、歩くときの姿勢を正しましょう。

体の重心はかかとにおいてつま先はまっすぐに前に向け、

体の中心軸がぶれないように、頭は上から釣られているようなイメージでまっすぐにたちます。

あごは軽く引いて、目線は地面に対して平行になるように、

もしくは平行よりも少し上におきましょう。

これが基本姿勢で、歩くときには出来るだけこの姿勢を崩さないように歩くことが大切です。
また歩幅が小さいと姿勢が悪くなりやすいので、

いつもよりも大股で歩くことを心がけて、腕もしっかり振りましょう。

足を踏み出すときには、かかとから蹴り上げてつま先が地面から離れるのは一番最後になるようにします。

踏み出した足が曲がらないように意識して膝を伸ばし、地面に着地するときはかかとに体重を乗せるようにしてください。

このように、細かいポイントをチェックしながら歩くのは大変かもしれませんが、

慣れてしまうと逆に体が楽になります。

正しい姿勢で歩くことで腰への負担は大幅に減らせますし、

可動域も広がるので血流が改善されて肩こりなど他の症状の改善効果も期待できます。

それに見た目的にも綺麗ですし、姿勢を直せば骨盤や腰周りの歪みも矯正されていきますから、

腰痛改善にもつながるので今日から実践しましょう。

以上4回にわたって腰痛と歩行姿勢についてお伝えしてきました。

歩行と姿勢は腰痛改善を考えるうえでとても重要なことになってきます。

何かお困りのこと、ご質問等ございましたら是非鶴岡市・庄内町エイト鍼灸整骨院・整体院にご相談ください!!

ではまた!!