- 産後骨盤矯正

産後骨盤矯正

どのタイミングに産後骨盤矯正を行うか?

赤ちゃんが無事に生まれて、育児にもやって慣れてきたが、出産した際に骨盤が開いたことによって、体重がなかなか回復しない、酷い肩こりや腰痛がある、というような悩みがある人も多くいるようです。

ここでは、どのタイミングに産後骨盤矯正を行うか? についてご紹介しましょう。

骨盤が出産した後に歪む要因とは?

骨盤が出産した後に歪む要因は、基本的に、出産することによって大きく骨盤が開くことです。
骨盤が歪んだ場合は、出産した後ゆっくりと数ヶ月間かけて回復しようとします。

しかし、妊娠したり、出産したりすることによって骨盤がアンバランスになっていれば、正しいところに戻りにくくなると言われています。
また、横座りしたり、足組みを椅子でしたり、あぐらをかいたり、猫背になったりする姿勢は体が歪むため、このような姿勢を出産した後2ヶ月間〜3ヶ月間ころにとっていれば、骨盤がさらに歪んできます。

骨盤が出産した後に回復しなければどうなるか?

出産した後に妊娠する前のところに骨盤が回復しない状況が継続すれば、妊娠する前と筋肉の動きが違ってしまう場合があります。
また、筋力が出産した後は下がっており、脂肪が上手く燃焼できない場合もあるので、多くカロリーを摂り過ぎればエネルギーが使われないで体重が多くなる場合もあります。

このため、妊娠する前には着れていた服が、出産した後に着れなくなったというようなことがよくあります。
骨盤の出産した後の歪みは、腰痛、肩こり、冷え性、むくみ、不妊などのトラブルになる場合もあります。

産後骨盤矯正はどうして必要か?

女性は出産した後に育児や授乳によって大きく生活が変わって、よく体調が悪くなります。
出産したすぐ後であるためやむを得ない、疲れが溜まっているため仕方がない、ということのみではありません。
女性は、女性ホルモンという妊娠している際に分泌されるものの作用によって、骨盤が出産できるように緩みます。
出産すれば元のところに骨盤が自然に戻りますが、緩んだままで育児や家事を行うとズレや歪みが起きます。

そのままにしておけば、骨盤の開き、尿漏れ、左右の股関節の違いなどが起きるため、産後骨盤矯正をしなければ腰痛や下半身のむくみなど、痛みが慢性的になります。
全体の身体の歪みになれば、いろいろな不調が起きるようにもなるため、正しいところに産後骨盤矯正で戻すことが必要です。

産後骨盤矯正の施術とは?

鶴岡市の鍼灸 ・整骨院の産後骨盤矯正は、きついバキバキするようなものでなく、ソフトな痛みが無いものです。
しかし、慰安的なマッサージのような施術ではありません。
ストレッチのような施術も、骨格の周辺の筋肉を柔らかくするために行います。
開きや歪みが骨盤にあれば、骨盤以外に足首の固さも調べながら全体を確認してから施術を行います。

まず、股関節、足首、体の軸をコントロールして、股関節の外旋内旋の繋がりを確認します。
同じ方向に股関節がなっていなければ、違いが左右に出たり、症状が股関節の状態で違ったりしてきます。
腕の方もさらに診るため、肩コリなども無くなって、下半身やお尻のむくみも無くなります。

下半身の軸、骨髄をコントロールすることによって、背骨もコントロールできるので、出産する前よりプロポーションがきれいになることも期待できるでしょう。

産後骨盤矯正のメリット

最も女性の骨盤の開きが大きくなるのは、分娩する際です。
この後、骨盤は数ヶ月かけてちょっとずつ左右交互に閉じますが、産後骨盤矯正というのは骨盤が正しいところに戻るのを導くためのものです。

つまり、産後骨盤矯正は、自然な骨盤の動きを助けるための方法です。
ここでは、産後骨盤矯正のメリットについてご紹介しましょう。

出産した後のタイミングは、実際には靭帯という骨盤をサポートしているものが緩んで柔らかくなり、産後骨盤矯正がしやすくなっているので、妊娠する前よりも少ない歪みに矯正できるいい機会でもあります。
ボディラインがきれいになるだけでなく、産後骨盤矯正を上手く行うと、骨盤の状態を従来よりも改善することもできます。

そうすると、従来よりも体質が太りにくくなったり、肩こりや腰痛が無くなったりする場合もあり得ます。

産後骨盤矯正をしないリスク

では、産後骨盤矯正をしないままであればどのようになるのでしょうか?
何もしないままでも、基本的に骨盤は出産した後には自然に閉じます。
しかし、骨盤に対して全くケアをしなければ、骨盤は元の状態に完全に回復しなく、ゆるんだ状態になってしまうリスクがあります。

このような傾向は、あまり普段スポーツなどをしないで筋肉量が多くない人ほど大きくなるそうです。
そのため、ゆるんだ骨盤の中に内臓の腸や胃などが下垂して、ぽっこりと下腹部が出る場合がよく現れます。
これ以外にも、くびれが無くなったり、太ももやお尻が大きくなったりして、よく太る体質にそのままなる場合はよくあります。

また、骨盤の歪みによって、姿勢の悪化、冷え性、生理不順、腰痛、便秘というようなリスクがあります。

どのタイミングに産後骨盤矯正を行うか?

では、産後骨盤矯正を行う場合に最も適したタイミングはあるのでしょうか?
ここでは、出産する前に把握しておくべき、産後骨盤矯正を行うタイミングについてご紹介しましょう。
産後骨盤矯正を行う場合は、出産した後の2ヶ月目~6ヶ月目がタイミングとしては最も適しています。
出産したすぐ後~1ヶ月目くらいは、出産したことによって母親の体にダメージが残っています。

そのため、このタイミングは、体をゆっくりと休めるようにしましょう。
出産した後の1ヶ月目の検診が終了して、問題が全く無い場合は、産後骨盤矯正をこの後しばらく経ってからスタートするといいでしょう。

なお、出産した後の6ヶ月目以降になった場合でも、効果が産後骨盤矯正によって期待できなくなるということではありません。
しかし、最大限に産後骨盤矯正のメリットを活用するのであれば、緩い骨盤になっているタイミングに行う方が効率良くなります。

そのため、このタイミングを可能な限り逃さないようにしましょう。
なお、自分で産後骨盤矯正は行うこともできます。
しかし、確実かつ安全に産後骨盤矯正をしたい場合は、最も適したタイミングに、しっかりとプロの鶴岡市の鍼灸 ・整骨院で施術を受けるようにしましょう。

まとめ

ここでは、骨盤が出産した後に歪む要因とは? 骨盤が出産した後に回復しなければどうなるか? 産後骨盤矯正はどうして必要か? 産後骨盤矯正の施術とは? 産後骨盤矯正のメリット、産後骨盤矯正をしないリスク、どのタイミングに産後骨盤矯正を行うか? についてご紹介しました。

骨盤が出産した後に歪むのは、基本的に、出産することによって大きく骨盤が開くことが要因です。
産後骨盤矯正をしなければ、腰痛や下半身のむくみなど、痛みが慢性的になります。
鶴岡市の鍼灸 ・整骨院の産後骨盤矯正は、ソフトな痛みが無いものです。

産後骨盤矯正のメリットは、従来よりも体質が太りにくくなったり、肩こりや腰痛が無くなったりすることです。
産後骨盤矯正をもししない場合は、ゆるんだ骨盤の中に内臓の腸や胃などが下垂して、ぽっこりと下腹部が出る場合がよく現れます。
産後骨盤矯正は、出産した後の2ヶ月目~6ヶ月目がタイミングとしては最も適しています。


肩こり整体体験レポート

この度、エイト鍼灸整骨院さんの三浦先生に施術をしていただき、以前より痛めていた肩の疼痛が改善し、非常に動かしやすくなりました。

さらに私は仕事(手術)で中腰になることが多いのですが、それにより抱えていた腰痛も改善したように思います。 整形外科医として先生方の施術の技量に感銘を受けた次第です。

また、施術中に患者様に対する三浦先生の考えをお聞きし、日夜施術の知識と技術を向上させるために努力なさっている様子を拝見し、非常に信頼できる先生だと感じました。
エイト鍼灸整骨院さんの患者様に対するお考えは、医師である私も考えるところが多く、非常に勉強になりました。
もしお身体の不調をお持ちの方がいらっしゃいましたら、エイト鍼灸整骨院さんで施術を受けることを推薦いたします。

当院が選ばれる理由

【7/16(月)以降】一部枠に空きがございます!

※予約は埋まりやすい為、候補をいくつかいただけますと予約が取りやすいです。

まずはお電話下さい!

施術の流れ

お約束

7/25(水)までに電話予約またはWeb予約で

保証について

エイト鍼灸整骨院では、患者様の利益を第一に考えております。
万が一施術にご満足いただけない場合は、費用を全額返金させて頂きますので、遠慮なくお申し付けください。

※申込みは初回施術から3日以内です。
万が一、3日を過ぎてお申込みをされても、ご返金は出来かねますので、予めご了承くださいませ。(初回施術限定となっております。)

アクセス情報

所在地

〒997-0023
山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102

駐車場

8台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております

周辺地図