- 成長痛

成長痛とは

成長痛とは、骨端の炎症を原因とした、成長期の子どもに見られる痛みのことです。

一般的には成長に伴う骨の痛みであると誤認識されがちですが、実際は骨そのものではなく、骨よりも柔らかい骨端部分に疲れがたまることで生じます。

子どもは大人に比べて運動量が多く、身体に負担をかけやすいため、軟骨組織でできた骨端に負荷がかかりやすいため成長痛となって現れます。

中学生の成長痛

成長痛の多くは4~6歳ごろに起きる傾向が高く、小学校低学年の子供が悩まされやすいです。

成長痛は中学生に多いようなイメージですが、実際にはもっと低年齢層に多いものなんです。

ですので、中学生の子供が足や腰の痛みを訴えた場合、成長痛ではない可能性も考えた方がよいでしょう。

患部に熱を帯びていたり、翌日になっても痛みが引かない場合は別の症状の可能性があります。

高校生の成長痛

高校生になると身体がある程度完成してきますので、成長痛が起きることはほとんどなくなります。

もし成長痛に似た症状が現れた場合は、部活等で運動量が増えたりしたことで疲労がたまっていると思われます。

疲労骨折は高校生にも多い症状なので、成長痛ではなくても足や関節の痛みは放っておかないようにしましょう。

大人の成長痛

大人になると身体の成長も止まり、関節や骨に変化が加わることもなくなってきます。

ときどき大人になっても成長痛をひきずっているという方もいますが、その場合は成長痛ではなく「オスグット」と呼ばれる関節の炎症かも知れません。

他にも成長痛に類似した症状として、「筋膜性疼痛症候群」という筋肉の痙攣によって脳が痛みを感知する病気もあります。

成長痛で痛みが出る場所

成長痛で痛みが生じる場所は主に下半身になります。

それぞれ、痛みの特徴を紹介します。

膝の痛み

膝のお皿の下あたりに痛みが生じる場合が多いです。

膝は運動によって負荷がかかりやすい場所であるため、症状が進行すると歩くのが困難になることもあります。

かかとの痛み

踵骨と呼ばれるかかとの骨が、過度の運動によって傷ついたりすれたりすることで痛みが生じます。

足首の痛み

足首の関節部分が、過度な運動によって消耗し炎症を起こす場合があります。

膝やかかとと同様に、成長痛では痛みやすい箇所でもあります。

腰の痛み

成長痛で腰に痛みが出ているかも?と思われる方は注意が必要です。

痛みの原因が成長痛ではなく「疲労骨折」である可能性があるためです。

腰だけでなく背中も同様に、成長期に痛みを感じる場合は早めに病院や整骨院で診てもらいましょう。

当院の成長痛治療

当院では、お子さまの成長痛の原因をカウンセリングや触診・視診などから把握し、痛みやこわばりの解消に適切な処置を行っていきます。痛みの強い治療や、身体を強く引っ張るような施術は行いませんので、どうぞご安心ください。お子さまの症状に合わせて治療を柔軟に組み合わせ、お辛い症状をスムーズに解消していきます。鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院へ、いつでも気軽に足をお運びください。