- 交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療の場合は医師の診察が必要である

交通事故に遭った場合は、早く治療することが大切です。
ここでは、交通事故治療についてご紹介しましましょう。

交通事故治療の場合は医師の診察が必要である

交通事故治療の場合は、身体の不調や痛みがなくても、事故に遭った日に必ず病院を受診して、医師の診察を受けましょう。
事故状況を交通事故の現場に来た警察官に詳しく説明して、人身事故ということを伝えることが大切です。
人身事故ということをその場で伝えなくて、その日に病院も受診しなければ、処理が物損事故になって、身体の不調や痛みをその後訴えても治療費などを加害者からもらえなくなります。

被害者も加害者も、交通事故のすぐ後は興奮しています。
交通事故は、ほとんど経験がないでしょうから、救急車や警察官が来て、事故を起こした人同士で言い争いがある場合もあります。
たとえ骨折していた場合でも、このような状況では痛みが感じられないこともあり得ます。
また、交通事故のむち打ち症などの場合は、事故が起きてから数日が経ってから不調や痛みが現れることも多くあるため、精密検査を可能な限り受けておきましょう。

なお、加害者にかかる検査費や治療費は請求できるため、必ず領収書などは残しておきましょう。
交通事故の被害者で、骨折の疑いがあったり、外傷があったりすれば、病院に救急車で運ばれて治療されます。

では、この他の場合は、病院のどのような科目を受診するといいのでしょうか?
例えば、むち打ち症ではないかと思った際には、初めは必ず病院の整形外科を受診しましょう。
医師が作る診断書が、損害賠償請求をする場合は必要になります。
また、負傷が交通事故によるものということを証明するには、事故のすぐ後に医師に診察してもらう必要があります。
負傷が軽い場合は、時間が経つと交通事故によるものかの見極めができなくなって、診断書を医師に作ってもらうのが困難になります。

示談する際でも、診断日と事故日が離れていると、実際に負傷が交通事故によるものかどうかはっきりしなくなります。
診断書を作ることは、法律上は医師だけが認可されています。
なお、診断書は柔道整復師でも作ることができ、治療費をもらうことはできますが、後遺障害診断書の場合は、有効なのは医師が作ったものだけになっています。

後遺障害認定を申請する時に整形外科を急に受診しても、後遺障害診断書を作ることは医師にとっては困難です。
そのため、医師にまず診察してもらって、鍼灸整骨院に通う場合は医師に相談するようにしましょう。

交通事故治療の流れ

ここでは、交通事故治療の大まかな流れについてご紹介しましましょう。
怪我を交通事故でした場合は、病院をまず受診して、診断書を医師に作ってもらう必要があります。
大きな怪我で、そのまま救急車で病院に運ばれる場合以外は、整形外科を受診するのがおすすめです。

近くに総合病院がある場合は、交通事故治療について窓口で問い合わせすると、受診先として適切なところを案内してくれるでしょう。

むち打ち症などであれば、自覚症状が事故のすぐ後は無くても、痛みをしばらく経ってから感じる場合があります。
そのため、自覚症状が事故のすぐ後には無い場合でも、病院を必ず受診するようにしましょう。
というのは、時間が事故から経って病院を受診すれば、事故と怪我の因果関係がはっきりしないことがあります。
病院を数日事故から経って受診しても、治療は事故とは関係が無いと保険会社に判断されて、治療費がもらえなくなる場合があるため注意しましょう。

もし事故に遭った日に病院を受診できなかった場合でも、最低でも2日〜3日のうちには受診するようにしましょう。
重傷を交通事故によって負った場合は、事故のすぐ後に病院に救急車などで運ばれて、入院をそのままするようになるでしょう。

このような場合は、病院に対して加害者側の保険会社が直接治療費を払ってくれる、一括対応の場合がほとんどです。
また、加害者側に後から請求することができる入通院慰謝料も、入院している期間によって違ってきます。

最適な交通事故治療の方法

非常に交通事故の怪我が痛いため、整形外科以外に鍼灸整骨院も利用したい、あるいは、手足の痺れが改善されなく、支障が日常生活にもあるため鍼灸整骨院で緩和したい、などというようなこともあるのではないでしょうか。

このように、交通事故の後遺症が残った場合は、鍼灸整骨院で症状を緩和したいでしょう。
ここでは、高額の慰謝料がもらえて、さらに鍼灸整骨院で交通事故の後遺症を緩和する方法についてご紹介しましましょう。

交通事故治療の場合は整形外科をまず受診する

不都合に遭わないように、事故のすぐ後は整形外科をまず受診しましょう。
初めに整形外科を受診すると、医学的に診断を正しく受けられる、レントゲン検査や投薬治療などが受けられる、事故のすぐ後の状態を記録として明確に残せる、などというようなメリットがあります。
そのため、まず整形外科を受診するのがおすすめです。

整形外科の医師に鍼灸整骨院の受診を相談する

次に、治療がある程度の期間継続した時期に、鍼灸整骨院の受診を整形外科の医師に相談しましょう。
整形外科の医師に相談して許可が出れば、鍼灸整骨院へ通院するようにするといいでしょう。
許可が出た場合は、鍼灸整骨院だけでなく、他の整形外科を一緒に通院するのも問題ありません。

あるいは、整形外科に通院したく無ければ、通院しなくても問題はありません。
また、鍼灸整骨院へ通院してもいい場合は、近くにある鍼灸整骨院へ通院するのもいいでしょう。

加害者側の保険会社に鍼灸整骨院へ通院することを連絡しておく

ここまでなれば、鍼灸整骨院へいつでも通院できるようになりますが、一つ注意することがあります。
注意することは、加害者側の保険会社に鍼灸整骨院へ通院する際にこの旨を連絡しておくことです。
通院する鍼灸整骨院の連絡先などを、加害者側の保険会社に必ず伝えておきましょう。
というのは、加害者側の保険会社から、治療費などを鍼灸整骨院に対してして支払ってもらう必要があるからです。

このような方法であれば、トラブルが示談交渉する場合でも発生することはあまりないでしょう。
しかし、加害者側の保険会社が治療費を鍼灸整骨院に対して支払わない場合もあります。
このような場合は、自分の健康保険をまず使って鍼灸整骨院の治療費を支払っておいて、加害者側の保険会社に後から治療費を請求するようになります。

まとめ

ここでは、交通事故治療の場合は医師の診察が必要である、交通事故治療の流れ、最適な交通事故治療の方法、についてご紹介しましました。
交通事故治療の場合は、身体の不調や痛みがなくても、その日に必ず病院を受診して、医師の診察を受けましょう。
事故状況を交通事故の現場に来た警察官に詳しく説明して、人身事故ということを伝えなくて、その日に病院も受診しなければ、処理が物損事故になって、身体の不調や痛みをその後訴えても治療費などを加害者からもらえなくなります。

交通事故治療の場合は、ここでご紹介した大まかな流れについて把握しておきましょう。
最適な交通事故治療の方法としては、交通事故治療の場合は整形外科をまず受診する、整形外科の医師に鍼灸整骨院の受診を相談する、加害者側の保険会社に鍼灸整骨院へ通院することを連絡しておく、ことが挙げられます。
なお、交通事故治療で困った場合は、鶴岡市の鍼灸整骨院に相談してみましょう。


肩こり整体体験レポート

この度、エイト鍼灸整骨院さんの三浦先生に施術をしていただき、以前より痛めていた肩の疼痛が改善し、非常に動かしやすくなりました。

さらに私は仕事(手術)で中腰になることが多いのですが、それにより抱えていた腰痛も改善したように思います。 整形外科医として先生方の施術の技量に感銘を受けた次第です。

また、施術中に患者様に対する三浦先生の考えをお聞きし、日夜施術の知識と技術を向上させるために努力なさっている様子を拝見し、非常に信頼できる先生だと感じました。
エイト鍼灸整骨院さんの患者様に対するお考えは、医師である私も考えるところが多く、非常に勉強になりました。
もしお身体の不調をお持ちの方がいらっしゃいましたら、エイト鍼灸整骨院さんで施術を受けることを推薦いたします。

当院が選ばれる理由

【7/16(月)以降】一部枠に空きがございます!

※予約は埋まりやすい為、候補をいくつかいただけますと予約が取りやすいです。

まずはお電話下さい!

施術の流れ

お約束

7/25(水)までに電話予約またはWeb予約で

保証について

エイト鍼灸整骨院では、患者様の利益を第一に考えております。
万が一施術にご満足いただけない場合は、費用を全額返金させて頂きますので、遠慮なくお申し付けください。

※申込みは初回施術から3日以内です。
万が一、3日を過ぎてお申込みをされても、ご返金は出来かねますので、予めご了承くださいませ。(初回施術限定となっております。)

アクセス情報

所在地

〒997-0023
山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102

駐車場

8台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております

周辺地図