- 骨折・脱臼・挫傷

骨折・脱臼・挫傷

骨折・脱臼・挫傷で悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。

ここでは、骨折・脱臼・挫傷の症状、治療法などについてご紹介しましょう。

骨折

骨折の症状

骨と骨の周りは多く血管と神経があるため、骨折した箇所は腫れと痛みが現れます。
酷い骨折の場合は、外観が変わったり、動かせなくなったりします。
しかし、脱臼や打撲の場合でも同じような症状が現れるため、診断を確定するためにはレントゲン検査が必要です。

骨折の要因

骨折というのは、骨が壊れることです。
そのため、骨折の場合は、亀裂や一部の骨が無くなったり、凹んだりした場合も含まれます。
力が骨にかかって骨折は起きます。

骨が健康な場合は、骨折するのは相当大きな力がかかった場合です。
しかし、全体の骨が強くなかったり、一部の骨が無くなっていたりすれば、力が弱くても骨折します。
また、弱い力が健康な骨にかかっても、長期間同じところに繰り返して力がかかり続ければ、骨折する場合があります。
解放骨折という皮膚が骨折とともに破れて骨折した箇所が出た場合は、急いで治療する必要があります。
粉砕骨折というのは、複雑に骨折した箇所が粉砕したもので、複雑骨折という名前は現在は使いません。

骨折の診断

骨折を診断する際は、症状を診て、レントゲン検査を行います。
ほとんどの場合はこれで診断が確定しますが、レントゲン検査で分かりにくい場合は、CT検査を行います。

骨折の治療法

生きた細胞が骨の中にはあり、骨折した場合でも自然に治ります。
しかし、骨は条件が整わなければつきません。
また、骨のつきやすさは、骨折した箇所や骨折した方法によって違いがあります。

一般的に、骨折した箇所が小さいズレであり、骨折した箇所に多くの元気な細胞があり、骨折した箇所の動きが少ない場合は、骨はよくつきます。
このことは、手術をしてもしなくても該当します。
例えば、ギプスで治療する際は、グラグラと骨折した箇所がしないようにします。
手術する場合は、皮膚にメスを入れて、骨を金属製の棒や板を使って固定して動きとズレを防止しますが、骨折した箇所の生きた細胞にも気配りして手術します。

骨折する方法によって、治療法や骨がくっつく期間は違ってきます。
一方、骨折のみが治っても、不健康に骨折した周りがなると問題です。
グラグラと骨折した箇所がしなければ、この周りの筋肉や関節は動かす方がいい場合が多く、安静に必要以上にしているのはかえって良くありません。

骨折の予防法

骨折を予防する方法は、安全を日常生活において考慮することです。
骨折を予防するためには、車に乗る場合は安全運転とシートベルトの着用、スポーツする場合は入念な準備体操、飲酒する場合は泥酔しないことなどが大切です。
高齢者であれば、骨折するリスクが家の中にもあります。

そのため、高齢者が骨折しないためには、手すり、ポータブルトイレ、滑りにくい靴下などがおすすめです。
骨粗しょう症という骨がよく折れる病気に対する対策についても、高齢になる前からスタートすることが大切です。

脱臼

脱臼はいろいろなものがありますが、ここでは、膝蓋骨脱臼についてご紹介しましょう。

膝蓋骨脱臼の症状

ほとんどの場合は、外側に膝蓋骨が脱臼します。
膝関節に、腫れや痛みが現れます。
繰り返して脱臼するようになれば、不安定感が強くなり、腫れや痛みなどは少なくなります。

膝蓋骨脱臼の要因

飛び上がった後に着地する際などに、太ももの膝を伸ばす筋肉が強く縮んだ場合に起きます。
膝蓋骨脱臼の場合は、大腿骨の外側の場合がほとんどで、自然に回復する場合も多くあります。
脱臼が初めての場合は、女性の10代に起きる場合が多く、この後2割~5割の人が脱臼を繰り返す場合があります。
素因が生まれつきある場合が多く、大腿骨や膝蓋骨の形の異常、膝蓋靭帯と大腿四頭筋が働く方向が違っていることなどが挙げられます。

膝蓋骨脱臼の診断

膝蓋骨脱臼を診断する際は、内側の膝蓋骨の腫れや痛み、膝蓋骨の著しい不安定性があると疑いがあります。
骨折しているか調べるため、レントゲン検査を必ず行います。
特に、骨軟骨が骨折しているかどうかを、軸斜の撮影で診断します。

骨軟骨を骨折している場合は、関節血腫が現れて外側の膝蓋骨の不安定性が著しくなります。
脱臼した場合でも自然に治る場合が多く、骨折がなければ見落とすこともあります。

膝蓋骨脱臼の治療法と予防法

膝蓋骨脱臼が初めての場合は、骨折がなければ、整復した後に、一般的な外固定などの処置を行います。
脱臼が初めての場合でもよく脱臼する素因がはっきりしており、反復性脱臼の可能性が大きい場合、繰り返して脱臼する場合、骨片がある場合は、手術療法になります。

手術しない場合は、脱臼しなくなるための装具を使うこともあります。
病態や年齢などによって治療方針は違うため、十分に医師と相談することが大切です。

挫傷

挫傷というのは、外力の鈍的なものによって、筋肉や皮下組織、腱などが傷つくものです。
挫傷の中でも、筋肉が傷ついた場合を筋挫傷と言います。
筋挫傷は、相手と接触するコンタクトスポーツにおいて膝、頭、肩などがぶつかったりすることなどで起き、よく起きるのはサッカーや格闘技、ラクビーなどの場合です。

筋挫傷の症状

主な筋挫傷の症状は、激しい腫れと痛みで、大腿前面がよく起きます。
だんだん挫傷した周りが腫れて、皮膚がパンパンになって光沢を帯びてきます。
腫れが最大になるのは、次の日から数日で、この後だんだんと軽くなります。
膝関節の屈曲制限や歩行障害が起きる場合も多くあります。

筋挫傷の治療法

症状と怪我した状況から、割合診断は簡単です。
受傷したすぐ後から48時間は、徹底してRICE処置を行います。

また、痛みによっては、鎮痛剤の服用や湿布を行います。
RICE処置によって、症状が軽い場合は腫れや痛みは数日で軽くなります。
しかし、症状が重い場合は、数日しても90度以上膝が曲がらない場合もあります。

このような場合は、関節可動域を痛みがない範囲で改善するリハビリを行います。
正常に関節の動きが回復すると、痛みがないスポーツやスクワットを始めて復帰を目指します。

筋挫傷の合併症

筋挫傷の場合は、次のような合併症が起きることがあります。

・コンパートメント症候群
損傷した筋肉の中の腫れや出血が酷くなれば、内圧がこの筋肉で大きくなって、血行障害が起きます。
そのため、神経障害、筋肉の壊死が起きて、後遺障害の重大なものが発生します。
合併症が起きるのは割合稀ですが、激しい我慢できないような痛み、皮膚の水疱が起きる酷い腫れ、運動麻痺や知覚障害などが現れる場合は、適切に早急に処置を行う必要があり、手術が必要な場合もあります。

・異所性骨化・骨化性筋炎
筋肉の中の骨膜損傷や血腫を伴う場合は、骨性の組織が筋肉の中や筋肉と骨の間に数週間してから形成され、治療が難しい関節可動域制限などが現れる場合があります。
特に、症状が重い筋挫傷の場合は、初期治療を適切に行う必要があります。

まとめ

ここでは、骨折・脱臼・挫傷のそれぞれの症状、治療法などについてご紹介しました。
骨折・脱臼・挫傷の場合は、いずれも早急に適切な治療を行う必要があります。
鶴岡市の鍼灸整骨院では、骨折・脱臼・挫傷の治療を行っているため、困った場合はぜひ相談してみましょう。


肩こり整体体験レポート

この度、エイト鍼灸整骨院さんの三浦先生に施術をしていただき、以前より痛めていた肩の疼痛が改善し、非常に動かしやすくなりました。

さらに私は仕事(手術)で中腰になることが多いのですが、それにより抱えていた腰痛も改善したように思います。 整形外科医として先生方の施術の技量に感銘を受けた次第です。

また、施術中に患者様に対する三浦先生の考えをお聞きし、日夜施術の知識と技術を向上させるために努力なさっている様子を拝見し、非常に信頼できる先生だと感じました。
エイト鍼灸整骨院さんの患者様に対するお考えは、医師である私も考えるところが多く、非常に勉強になりました。
もしお身体の不調をお持ちの方がいらっしゃいましたら、エイト鍼灸整骨院さんで施術を受けることを推薦いたします。

当院が選ばれる理由

【7/16(月)以降】一部枠に空きがございます!

※予約は埋まりやすい為、候補をいくつかいただけますと予約が取りやすいです。

まずはお電話下さい!

施術の流れ

お約束

7/25(水)までに電話予約またはWeb予約で

保証について

エイト鍼灸整骨院では、患者様の利益を第一に考えております。
万が一施術にご満足いただけない場合は、費用を全額返金させて頂きますので、遠慮なくお申し付けください。

※申込みは初回施術から3日以内です。
万が一、3日を過ぎてお申込みをされても、ご返金は出来かねますので、予めご了承くださいませ。(初回施術限定となっております。)

アクセス情報

所在地

〒997-0023
山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102

駐車場

8台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております

周辺地図