- スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害で悩んでいる場合は鍼灸整骨院がおすすめ

スポーツ障害というのは、繰り返して力が体の同じところに加わることで痛みが現れたりするものです。
早期にスポーツ障害は対処すると大きなトラブルにはならないので、処置を症状によってどのように行うかが大切です。
ここでは、スポーツ障害についてご紹介しましょう。

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ外傷とスポーツ障害はよく間違われます。
スポーツ外傷というのは、運動している際に大きな力が一時的に加わって組織が壊れたものです。
例えば、飛び上がって着地した際に足首を捻挫した、あるいは打撲、肉離れ、骨折、じん帯損傷などがあります。

一方、スポーツ障害というのは、強い力が何回も繰り返して加わる、つまり力が高付加高頻度で加わることによって痛みが肘、肩、足首、膝などに現れ、慢性的に症状が継続するものです。
運動することによる筋肉の捻じれや伸縮、衝撃の骨での吸収など、体に運動が及ぼす力は大きく、スポーツ障害としてはテニス肘、野球肘などがあります。

軽いスポーツ障害の場合は、痛みがプレーしている際に現れたり、痛みがプレーした後に現れたりしますが、症状が重くなれば強い痛みが常に現れ、支障が日常生活にもあります。
運動を違和感がある状態で継続すると、長く休む必要があったり、症状が重くなって手術をする必要があったりして、もともとの能力が取り返せなくなる場合もあります。

スポーツ障害の代表的なものとしては、野球肘があります。
野球肘が多く発症するのは、小学校4年~中学校3年で、軟骨・骨の組織がまだ完全に成長していない、投手の場合です。
野球肘は、関節の表面の軟骨が損傷するもので、正式には「離断性骨軟骨炎」になります。

例えば、野球肘に少年野球の投手がなれば、指導者の監督などはどのように思うでしょうか?
最優先にチームが勝つことをして、投手を酷使すれば、症状が重くなって手術する必要がある場合もあります。
選手生命が、投手として絶たれる場合もあります。
一方、選手のことを長い目で考えて、肘をあまり使わない外野手などに転向すれば、関節・骨が成長してから投手として再度活躍することもできます。

高校の2年や3年になって骨格が完全に成長すると、損傷するリスクが少なくなります。
野球肘については認められてきたということでも、まだ多くの指導者が分からなく、肘を投手として酷使している子供もいます。
日本整形外科学会では、少年野球の指導者や監督に対する研修会などを地域ごとに開催しています。
少年野球の監督や指導者に対する講習会を行って、早期に野球肘が分かると完全に治る、傷みを子供が感じていればポジションを転向したり、投球数を制限したりするなどを対策することを話しているそうです。

スポーツ障害で悩んでいる場合は鍼灸整骨院がおすすめ

スポーツ障害は、全身の首、腕、肩、腰、足先、大腿などの全てのところに起き得ます。
鶴岡市の鍼灸整骨院では、スポーツ障害による、骨折、肉離れ、脱臼など、治療がいろいろできるため、気軽に相談してみましょう。
ここでは、鶴岡市の鍼灸整骨院での治療法についてご紹介しましょう。

患者の症状に応じて、治療する際は次のような治療法を組み合わせます。

手技治療

手技療法は、スポーツマッサージで、トレーナーの手技をベースにしたものです。
多くの症例をベースにした関節や筋肉の治療に使われる整体手技を使います。

鍼灸治療

鍼灸治療は、痛みを緩和することをメインに、細い鍼をツボに打つことによって血液の流れを改善します。
効果としては、ホルモンや臓器のコントロール、筋肉の疲れ・神経痛・捻挫・打撲などの傷みの心因性のものの緩和などが期待されます。

骨盤矯正

長年に渡ってトレーナーが骨盤について研究して考えた、鍼灸整骨院の独特の手技です。
骨盤の歪みという万病の元になるものが治って、姿勢を正しくすることによって身体の不調が無くなります。

カッピング

容器を体のツボに吸着して中を真空にして、血液の流れを促します。
効果としては、筋肉のコリが和らいだり、新陳代謝が改善したりすることが期待されます。

超音波療法

超音波療法は、マッサージ効果が音の振動で期待できます。
骨折の場合は、3割~4割治る期間が早くなります。
骨折治療は、サッカーの有名なプロの選手や野球の有名なプロの選手が受けたため着目されました。
効果としては、痛みが和らぐ、治療を促すなどが期待されます。

干渉波療法

干渉波療法は、電気を使用した柔らかな音波の刺激で、神経をいろいろな方向から圧迫して筋肉をマッサージします。
指先、肘、手首、靭帯などのように割合困難な箇所でも、確実に超音波が捉えて、効果的に関節のこわばりや痛みの緩和に作用します。

ウォーターベッド

温かいウォーターベッドタイプのマットに仰向けになって、体を水の力で刺激します。
水の上に寝たような感じになり、筋肉の緊張が少なくなり、リラックス効果があります。

スポーツ障害の予防

一旦スポーツ障害が発症すれば、多く治りにくいものもあるので、予防をしっかりと行う必要があります。
ここでは、スポーツ障害を予防する方法についてご紹介しましょう。

十分に自分の体を把握する

スポーツ障害を予防するには、モニタリングを十分に自分の体を把握するために行うことが大切です。
関節の広がりや筋肉の硬さを、運動する前にはチェックして、どのようにいつもと違っているかを掴むことが非常に大切です。
例えば、いつもより足首が硬くなっているのが分からなくて走ると、足首はいつものイメージのように動きません。
そのため、大きな負担が足首にかかるので、動作が足首をかばうようになります。

最終的に、繰り返して負荷が足首にだけかかって、慢性的なスポーツ障害のような損傷が起きます。
小さな体に起きている変化を見逃さないためには、自分の体と毎日向き合って、十分に自分の体を把握することが大切です。
そして、普段と違っていると思った場合は、無理しないことが非常に大切です。

運動をし過ぎない

スポーツ障害は、運動のし過ぎで起きます。
そのため、決して運動をし過ぎないようにして、休む日を設けるなどしてスポーツ障害を予防しましょう。

痛みがあれば運動を継続しない

また、痛みがあれば運動を継続しないようにしましょう。
痛みが少しあっても運動を継続する人が多く、これは非常に簡単なようですが、実際には簡単ではありません。
痛みの要因がはっきりしない状態で運動を継続していれば、急に痛みが我慢できないほどになって、治療しても治りにくくなります。
そのため、痛みがあれば、無理を決してしないで、運動を止めることが非常に大切です。

まとめ

ここでは、スポーツ外傷とスポーツ障害の違い、スポーツ障害で悩んでいる場合は鍼灸整骨院がおすすめ、スポーツ障害の予防、についてご紹介した。
スポーツ外傷は、運動している際に大きな力が一時的に加わって組織が壊れたものです。
一方、スポーツ障害は、強い力が何回も繰り返して加わることによって痛みが肘、肩、足首、膝などに現れ、慢性的に症状が継続するものです。

鶴岡市の鍼灸整骨院では、スポーツ障害による、骨折、肉離れ、脱臼など、治療がいろいろできるため、気軽に相談してみましょう。
スポーツ障害を予防する方法としては、十分に自分の体を把握する、運動をし過ぎない、ことが挙げられます。