- 猫背矯正

猫背矯正

猫背で悩んでいる人も多くいるのではないでしょうか。

ここでは、猫背とは? 猫背にどうしてなるか? 猫背矯正の方法とは? についてご紹介しましょう。

猫背とは?

最も猫背として日本人に多いタイプとしては、一般的に、前に肩が巻き込まれて丸く背中がなるものです。
猫背によって、後ろに骨盤が倒れて、腰の反りが無くなり、二次被害で膝が伸びないというものがよく起きるようになります。

猫背の要因は背中にあるのではないかと考えるでしょうが、猫背とは全身の病気です。
そのため、猫背矯正のためには、背中以外に脚や骨盤周りもアプローチする必要があります。

猫背にどうしてなるか?

猫背に生まれつきなっている赤ちゃんは基本的にいないため、なんらかの影響が後天的にプラスされて背中がだんだん丸くなる場合が考えられます。
ここでは、猫背にどうしてなるか? についてご紹介しましょう。

生活習慣

日本人の場合は、丸く背中をする作業として、昔は田植えなど、現在はパソコンの長時間作業など、非常に多くあります。
このような日本人の生活習慣は、背中がだんだんと丸くなって、猫背になる要因になっていきます。
猫背以外に、体の特徴を文化や環境が要因になった生活様式が形作るという場合は多くあります。
いち早く遠くの獲物を探す必要があった北ヨーロッパやアフリカの民族は、このようなことから身長が高いのでしょう。

呼吸器系の病気

呼吸器系の鼻炎や喘息などの病気がある場合は、だんだんお腹や胸の筋肉が硬くなり、肺を保護するように姿勢が前かがみになって、猫背になります。
猫背の要因に生活習慣がなって、呼吸器系の病気をこの猫背が起こす場合もあります。
このような場合は、生活習慣を改善しながら、筋肉が硬くなったものを柔らかくするようにしましょう。

遺伝

遺伝するのは猫背ではなく、筋肉のつき方です。
例えば、親子を後ろから見てみれば、歩き方が全く同じであったというような場合がよくあるでしょう。
歩き方が同じというのは、筋肉のつき方が同じであるということです。
例えば、漫画を読む際に、子供の時期から姿勢が良くなかったりすれば、親の猫背の筋肉のつき方をこの時点で受け継いでいるのでしょう。

猫背矯正の方法とは?

猫背矯正のために背中に矯正ベルトなどを付けるような場合があるでしょう。
しかし、このようなものはトレーニングを短期間に行うためのもので、長期間付ける場合は適していません。
胸の小胸筋や大胸筋が猫背によって非常に硬くなっているにも関わらず、矯正ベルトで胸を反らせると体は胸を広げるため、最終的に腰が痛くなるのみです。

毎日の動作において筋肉をこまめに動かすと、体は間違いなく学んで、筋肉のレベルも違ってきます。
仕事を一生懸命していると、猫背にやはりなるでしょう。
しかし、姿勢が良くないと考えた場合は、姿勢をしばらく変更して、つらくなければ元に返るようにしましょう。
このようにして、猫背矯正をして疲れたら猫背矯正を止めることを繰り返せば、伸びたり縮んだりするような刺激が筋肉に繰り返して与えられます。

猫背矯正ををいつまでも行う必要はありません。
1回1時間に姿勢が悪いと分かれば猫背矯正をしながら、再度筋肉の使い方を体に学びさせましょう。
猫背矯正のために、硬く縮んでなった筋肉を伸ばして、衰えた筋肉をトレーニングするというように体に教えましょう。

猫背の場合に凝っている箇所としては、大きく分類すると2つあります。
1つの箇所は胸の大胸筋とこの下の小胸筋で、もう1つの箇所は首の後ろの頸椎の脊柱起立筋と後頭下筋群です。
ここは、ストレッチして伸ばしましょう。
一方、首の前の舌骨上筋と舌骨下筋、脊柱起立筋という背中の胸椎をサポートするものは、伸びて力が無くなっています。

これは、エクササイズをしっかりと行って、筋力を取り戻す必要があります。
猫背のために圧迫されている首の後ろと胸の筋肉をストレッチしましょう。
まず、「バンザイ体操」をして、大胸筋をしっかりと伸ばしましょう。

中心に肩甲骨の最も下がくるように、バスタオルを丸めて敷けば、効果的によく丸くなる胸椎をストレッチすることができます。
この際のコツとしては、壁に両方の脚を上げて付けて、腰が反らないようにすることです。
注意して顎が上がらないようにしましょう。
「猫伸び体操」も、首の後ろの筋肉と丸くなった小胸筋・大胸筋と胸椎を伸ばす効果的なものです。
四つばいになって膝と手の距離を大きくし過ぎれば、腰椎のみ伸びた際に反って、効果が少なくなるため注意しましょう。

胸椎をストレッチする歳は、膝と手の距離を初めの姿勢で小さくして、逆台形に横から見てなるようにすれば、非常に効果としては大きくなります。
このような体操を行う場合は、30秒間は少なくとも1回について伸ばすようにしましょう。
長いと考えるでしょうが、この程度の時間は硬くなった筋肉を伸ばすためには必要です。
30秒間ゆっくりと伸ばして、10秒間程度休んで再度1セット行いましょう。
3セットをトータルで行ってみれば、この意味が体感できるでしょう。

突っ張るのみのように初めは感じても、「なんとなくほぐれた」と2セット目になり、「非常に伸びるようになった」と3セット目になり、伸び代がどんどん拡大するのが分かるでしょう。
さらに、仕上げを「腕引き体操」で伸びた背中側をトレーニングしましょう。
この腕引き体操は、トレーニングするということでも、気持ちよく硬くなった肩や背中、腕周辺をストレッチすることができるものです。

「十分にほぐれる」という感じになりつつ、実際には「僧帽筋の下側」という背中から肩にかけてあるものや、「広背筋」という脇腹から背中にかけて走っているものがトレーニングできる、という体操のお得なものでもあります。
猫背のために伸びている、首の前と背中の筋肉がトレーニングできます。

肩甲骨を初めに意識して伸ばして、背中を水泳のけのびの感じで伸ばします。
水泳のけのびは、両方の脚でプールの側面をけって、前方に両の腕を伸ばして、前に伏し浮きをしつつ進むものです。
10秒間伸ばしてから真っすぐに首をして、10秒間肘を引きます。
大胸筋が、この際にストレッチされます。

次に、そのままに肘の位置はして、前に手のひらを向けます。
小胸筋が、この際にストレッチされます。
肘が自然に下がる場合は、硬く大胸筋がなっている証です。
肘が意識して下がらないようにすれば、非常に背中の筋肉が伸びて刺激されます。

まとめ

ここでは、猫背とは? 猫背にどうしてなるか? 猫背矯正の方法とは? についてご紹介しました。
最も猫背として日本人に多いタイプは、一般的に、前に肩が巻き込まれて丸く背中がなるもので、猫背のために、後ろに骨盤が倒れて、腰の反りが無くなり、二次被害で膝が伸びないというものがよく起きるようになります。

猫背になる主な要因としては、生活習慣、呼吸器系の病気、遺伝、が挙げられます。
猫背矯正のためには、硬く縮んでなった筋肉を伸ばして、衰えた筋肉をトレーニングするように体に教えましょう。
猫背の際に凝っている箇所としては、胸の大胸筋とこの下の小胸筋、首の後ろの頸椎の脊柱起立筋と後頭下筋群があるため、ここをストレッチして伸ばしましょう。
猫背矯正で困った場合は、鶴岡市の鍼灸 ・整骨院で施術をするのがおすすめです。

猫背の矯正は鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院へ!

日本人は以前にも増して自分の見た目を気にするようなりまして、かつてはルックスだけだったのが今はスタイル全般に関心を寄せるようになっています。やはり、背筋の状態・ボディバランスが良いとスマートに見えることは間違いなく、男女問わずに異性からの印象も良くなって行くことでしょう。これらの事情を左右する大きな要素として、猫背が挙げられるのです。鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院では、整体施術による巧みな改善をご提供しています。

若年層であってもかなりの方が悩むことの多い猫背になりますが、不安定な姿勢を続けて行くことでそれが当たり前になる状態だと言えるでしょう。本人もそれをごく自然に感じているものですから、専門家による施術をしないことには改善が非常に難しいと言えます。また、首が上に曲がらないことによって頭の重さで前屈みになるようになり、これで背骨が曲がるケースもあるのでしょう。鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院では、心地の良い骨格矯正を進めて猫背を解消するのです。

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院は、遠くにお住まいなどでご来院に不便な患者さまのために無料送迎を行っているのです。ご予約の際にお申し出くださると非常に便利と言えます。