- シンスプリント

シンスプリント

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院でもシンスプリント治療

子供なら小学校から中学校に入学する頃、大人だと社会人になる頃には良いきっかけとしてスポーツを新たに始めることも多いのではないでしょうか?この場合に全く今までやったことの無かったスポーツをすることも珍しくなく、それによって障害を抱えてしまうことも良くある訳です。スポーツにはいろんなタイプが存在していますが、脚を中心とした痛みも非常に多く、その中にシンスプリントと呼ばれる脛骨を中心とした炎症痛もあるでしょう。鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院では、一旦運動を中止した上で改善施術を進めることがオススメです。

シンスプリントは骨の炎症になりますが、それと同時に周辺筋肉も非常に硬直していることも大きな要因となります。症状の改善には、この部分への整体マッサージや医療機器による治療を同時に進めて行くことが効果的です。基本的にスポーツビギナーの方が患うことが多いので、鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院では患者さまの具体的な症状やライフスタイルを良く見極めて治療を進めます。

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院では本来健康には有益なスポーツにおいて、シンスプリントなどの怪我をしないための体作りやケアの方法をしっかりと伝授します。もちろん、不具合に対しては整体施術をメインに治療を進めて行きますのでご安心ください。

シンスプリントを着実に治したい方は、鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院へご来院ください。

シンスプリントとは、足のスネの内側に痛みが生じる現象です。足の筋肉を酷使するランナーの方や、スポーツをされる方が発症することの多い症状で、痛みが強い間は運動をすることができなくなります。足のスネに今までなかった痛みが現れたら、鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院にご相談ください。

シンスプリントの痛みは、筋肉と骨のつなぎ目に起こる炎症が原因で生じます。跳躍したり、ダッシュしたりするときに、スネの筋肉が強く緊張することで、筋肉が「骨膜」と呼ばれる組織を引っ張り、その結果、骨膜が炎症を起こしてしまうのです。シンスプリントは、悪化すると疲労骨折を起こす原因ともなりかねません。鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院で、患部の緊張を着実に取り除いていきましょう。

当院では、シンスプリントの疑いがある患者さまに触診や視診を行い、患部に最適な治療を行っていきます。シンスプリントを発症した場合、痛みのある部分を押すと特に強く痛むのが特徴です。スネやふくらはぎに重い痛みが続いたり、運動の際に特に痛む、骨がきしむような違和感を感じるという場合には、かなり高い確率でスプリントを発症していますので、できるだけ早く、鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院にご連絡ください。

スポーツで走る場合が多い人は、スポーツしている際や終わった後にシンスプリントという慢性的な痛みが下腿の内側に現れます。
シンスプリントを我慢していれば走れなくなり、疲労骨折でスポーツを長期間止めざるを得ない場合もあります。
ここでは、シンスプリントの要因、治療法などについてご紹介しましょう。

シンスプリントの要因

シンスプリントの要因は、繰り返してジャンプしたり、ランニングしたりすることによって刺激が下腿の内側の骨に加わり、地面を足の親指や足首で蹴る筋肉が、骨膜という下腿骨にあるものを引っ張るために炎症が起きるためです。
シンスプリントになる誘因についてご紹介しまししょう。

トレーニング量・トレーニング方法

トレーニング量が多くなると、シンスプリントになるリスクが高くなります。
また、問題が反復する動作などのトレーニング方法にある場合も誘因になります。

身体面

扁平足の場合は、シンスプリントによくなると言われています。
また、すぐに靴の外側の踵がすり減る場合は、よくシンスプリントになると言われています。

走るところ

地面が固いところを走る場合はよくシンスプリントが起きるようで、特に道路が舗装されているところを走る場合は誘因になることがあります。
また、中央が高い舗装道路のように平坦でないところを走る場合も良くありません。

慎重に靴は選びましょう。
柔軟性があり、しっかりとヒールとソールがしているものにしましょう。
靴がすり減った場合は、こまめに変更する必要があります。

体力

筋力のバランス・柔軟性・筋持久力などが下がっていれば、よくシンスプリントが起きると言われています。
そのため、このような場合は注意しましょう。

整形外科でのシンスプリントの治療法

整形外科では、レントゲン検査やMRI検査などの画像診断によって、シンスプリントかどうかの見極めを行います。
というのは、初めの段階においては、見極めが困難な場合が多いためです。
シンスプリントであると診断が確定すれば、軽い場合はスポーツを継続しながら、痛みの経過を見てシップなどの外用薬で消炎鎮痛作用があるものが処方されます。

症状が非常に軽ければ治る場合もありますが、激しい運動量の場合は湿布のみでは治らない場合があります。
病院にスポーツ整形外科があり、要因が回内足と思われる場合は、中敷きが処方されることもあります。
アイスマッサージを症状が現れた初期に行ったり、血液の流れを促進するために温熱療法やマッサージを慢性期に行ったりまします。
一言で整形外科と言っても、スポーツ整形に注力したりするなどいろいろであり、病院によって治療そのものもいろいろです。
痛みが整形外科で治療して治るような場合は、整形外科でそのまま治療するのがいいでしょう。
しかし、痛みが治らない、痛みがだんだん酷くなるなどがある場合は、別の病院で治療を行いましょう。

シンスプリントに効果が期待できるストレッチ方法

まず、ストレッチする際に注意することについてご紹介しましょう。

ストレッチの強さ

ストレッチの強さとしては、ちょっと突っ張ったと思うくらいがおすすめです。
これ以上に無理に伸ばしたり、体重をかけたりするのは逆効果になります。

呼吸をゆったりとする

ストレッチの強さとしては、呼吸をゆったりとする程度にしましょう。
また、呼吸をゆったりとすれば、自律神経にも働いてリラックスできます。
リラックスしている方が、血液の流れが改善して栄養・酸素が筋肉に行き届きます。

伸ばした後は緩める

伸ばした後に緩めることを、何回か繰り返しましょう。
数秒間気持ちいい程度で止めた後、一度緩めます。
筋肉は緩めた際に血液の流れが改善されるため、筋肉は何回かこれを繰り返す方が柔らかくなります。
次に、シンスプリントに効果が期待できる筋肉についてご紹介しましましょう。

ヒラメ筋

正座したまま、片方の足を前に出して立てます。
足を胸で押すような感じで、そのまま前に重心を傾けます。
姿勢が苦しい場合は、ソファーやイスに座って行いましょう。

腰かけてイスに片方の足を乗せて、つま先をそのまま自分の方に引くと、効果が先ほどと同じになります。
つま先を膝を曲げたままで反らせることがポイントです。
そうすれば、すねの骨の周辺の筋肉が伸びます。

後脛骨筋

正座してから片方の足を立てます。
5cm程度のものを、立てた足の小指側に噛まします。
重心をそのまま前に傾けます。
ヒラメ筋の場合と要領は同じですが、小指側を反らせることが違っています。

ソファーやイスの上であれば、小指側のみを自分で引きましょう。
こうすれば、違った筋肉が伸びます。
この後脛骨筋・ヒラメ筋は、シンスプリントの要因になるものです。

腸腰筋

腸腰筋というのは、背骨太腿の骨を繋ぐものです。
腸腰筋が硬くなれば、足の運びが悪くなったり、姿勢が悪くなったりするなど体幹の筋肉が作用しにくくなるため、負担がスネ周りに大きくなります。

膝立ちのままで、大きく前に片方の足を踏み出します。
体重をそのまま前に移します。
姿勢が辛い場合は、両方の手を前に出した足の向こう着きましょう。
このままで、前足の踵に伸ばす股関節を近づけるように、前に重心を移します。
後ろ足側が伸びます。

中殿筋

臀部の筋肉は、立つ・跳ぶ・走るなどの動きのメインになる大切なものです。
そのため、臀部がスポーツ選手は発達しているでしょう。
臀部の筋肉が硬くなれば、フォームが悪くなるため、大きな力が出なくなって負担がスネ周りに多くなります。

浅くイスに腰掛けて、片方の足を別の片方の足の上に乗せます。
前におへそを突き出すように、上体を前にそのまま倒します。
座って行うのが辛い場合は、上向きでも問題ありません。
寝たままで、自分の方に片方の足を引き寄せるのみです。

これで臀部の筋肉が伸びるでしょうが、臀部の筋肉は広いため、姿勢をちょっと変更するのみで伸びるところが違ってきます。
ストレッチする際は、足を持つ角度や位置を変更したり、膝の方向を変更したりすることによって、伸びるところが変更になるのを感じながら行いましょう。

ハムストリングス

ハムストリングスという筋肉は、太腿の裏側にあるもので、膝を曲げたり、後ろに下半身を引いたりする働きがあります。
このハムストリングス硬くなれば、負担がスネ周りに多くなります。

あぐら座りのままで、片方の足を伸ばして開きます。
太腿におへそを着けるように突き出して、上体を伸ばした足に傾けます。
ハムストリングスそのものは、前につま先は伸ばした方がよく伸びます。
余裕がある場合は、両方を行うようにしましょう。

まとめ

ここでは、シンスプリントの要因、整形外科でのシンスプリントの治療法、シンスプリントに効果が期待できるストレッチ方法、についてご紹介しました。
シンスプリントの要因は、繰り返してジャンプしたり、ランニングしたりすることによって刺激が下腿の内側の骨に加わり、地面を足の親指や足首で蹴る筋肉が、骨膜という下腿骨にあるものを引っ張るために炎症が起きるためです。

整形外科では、レントゲン検査やMRI検査などの画像診断によって、シンスプリントかどうかの見極めを行い、シンスプリントであると診断が確定すれば、軽い場合はスポーツを継続しながら、痛みの経過を見てシップなどの外用薬で消炎鎮痛作用があるものが処方されます。

シンスプリントに効果が期待できるストレッチ方法としては、ここでご紹介したシンスプリントに効果が期待できる筋肉をストレッチするのがおすすめです。
なお、シンスプリントで困っている場合は、鶴岡市の鍼灸整骨院がおすすめです。