- 筋挫傷

挫傷とは

外力の鈍的なものによって、筋肉や皮下組織、腱などが傷つく挫傷の中でも、筋肉が傷ついた場合を筋挫傷と言います。

筋挫傷は、相手と接触するコンタクトスポーツにおいて膝、頭、肩などがぶつかったりすることなどで起き、よく起きるのはサッカーや格闘技、ラクビーなどの場合です。

よく混同される肉離れとは異なり、肉離れは筋組織の損傷や断裂ですが、挫傷は外部からのダメージによるものです。

筋挫傷の原因

筋肉に外から力が加わったときに筋挫傷は起こります。

人やものとぶつかったり、転倒するなど激しい衝撃を身体に受けることで、筋肉や筋膜が損傷します。

学生ならば部活動などの激しいスポーツによる損傷、成人に多いのは運動不足で固まった筋肉が原因になることが多いです。

筋挫傷の症状

主な筋挫傷の症状は、激しい腫れと痛みで、大腿前面がよく起きます。

挫傷した周りが腫れて、皮膚がパンパンになって光沢を帯びてきます。腫れが最大になるのは挫傷した次の日からであり、数日でだんだんと軽くなります。

膝関節の屈曲制限や歩行障害が起きる場合も多くあります。

筋挫傷の処置・治療方法

受傷したすぐ後から48時間は、徹底してRICE処置を行います。

また、痛みによっては、鎮痛剤の服用や湿布を行います。

RICE処置によって、症状が軽い場合は腫れや痛みは数日で軽くなります。

しかし、症状が重い場合は、数日しても90度以上膝が曲がらない場合もあります。

このような場合は、関節可動域を痛みがない範囲で改善するリハビリを行います。

正常に関節の動きが回復すると、痛みがないスポーツやスクワットを始めて復帰を目指します。

筋挫傷の治療期間

全治約3週間~6週間とされる場合が多いですが、症状の重さは人それぞれですのでこれよりも長引く可能性があります。

病院や整骨院などできちんと診てもらった上で、日常生活に支障がなくなるまでの治療期間を定めてもらいましょう。

筋挫傷のリハビリ

筋挫傷を発症した場合はスポーツなどの激しい運動は休止し、医師や整骨院判断の元、経過を見ながらリハビリによってコンディショニングしていきます。

リハビリでは筋力をバランスよく強化したり、ストレッチを中心に行い調整します。

筋挫傷を早く治す方法

筋挫傷の対処は個人では難しいので整骨院や病院で診てもらうのが一番です。

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院では、将来に渡って症状が出ないように整体施術にて予防することもできます。

鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院で非常に多くの患者さまにご好評いただいている点は、ご来院に不便な方向けの無料送迎サービスになります。ご予約に送迎希望とお申し出いただければ大丈夫ですのでどうぞご利用ください。