- 足の慢性障害

足の慢性障害

足の慢性障害にお悩みであれば、鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院へお越しください。

足の慢性障害は、スポーツによって足に強い負荷がかかり続けた先に起こる現象です。足の慢性障害が起こると、スポーツはもちろんのこと、歩行すらままならなくなってしまうケースもございます。足首から下に痛みやこわばりを感じることが多いようであれば、鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院にご相談ください。

足の慢性障害は、基本的に足を酷使することが原因で起こります。しかしそれ以外にも、もともと足に負担のかかりやすい偏平足の方や、安定しない床・地面での運動、足に合っていないシューズの着用によっても起こることがあります。足の慢性障害は、筋肉の柔軟性が低下し、筋力が落ちているときにも起こりやすいですから、ケースに合わせて最適な専門治療が求められます。鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院にお任せ下さい。

当院では、足の慢性障害の種類(種子骨障害、足底筋膜炎、外脛骨障害、踝骨々端症、踝骨滑液包炎)をカウンセリングや触診、視診などから正しく把握し、お一人お一人の不調に適切な治療を施していきます。手技や低周波治療などを組み合わせて、痛みの少ない安全で着実な治療をご提供しております。鶴岡市、庄内、鶴岡駅のエイト鍼灸整骨院へ、いつでも気軽にご連絡ください。