- 肩こり・四十肩五十肩

肩こり・四十肩五十肩

肩こり・四十肩五十肩の要因、症状、対処法とは?

日本人の体型は、一般的に、肩こりがよく起きるものであると言われています。
というのは、欧米人に比較して大きな頭であるが、肩や首が細い筋肉であるためです。
肩こりというのは、肩の周辺の筋肉が硬くなって、こわばりやハリ、痛みや重苦しさが現れるものです。

20代や30代の場合でも、デスクワークを長時間行ったり、運動が不足したりすることなどで、肩こりになっていることが多くあります。
一方、四十肩五十肩というように、40代からでも腕が上がらない、激しい痛みが肩に現れる、などで多くの人が悩んでいるようです。

四十肩五十肩は、支障が日常生活にもありますが、慢性的な肩こりを若い人でもそのままにしておけば、睡眠不足や頭痛が起きることもあるので、治療を早目に行いましょう。

肩こり・四十肩五十肩の要因

肩こりの要因としては、いろいろな説がありますが、一般的に、同じ姿勢を長時間継続することによって目の疲れ、筋肉疲労、関節や背骨などの異常が挙げられます。
これ以外にも、精神的なトラブルや内臓疾患なども要因になる場合があります。
四十肩五十肩の要因も、明確にはなっていませんが、年を取ることによって腱や肩が衰えることが要因の一つではないかと言われています。
長時間腕を上げたままで作業したり、ゴルフなどで力いっぱいクラブを振ったりした際に、発症する場合が多いと言われています。

肩こり・四十肩五十肩の症状

単なる肩こりであると軽く見ないようにしましょう。
肩こりの症状を表現する際も、「重い痛み」「何かが肩に乗っているような痛み」「鉄板が肩に入っているような痛み」などといろいろあるのは、進み具合や要因によって、状態がそれぞれ違っているためです。

また、頭痛やめまい、吐き気、しびれなどが一緒に現れる場合は、病気も何らか考えられるため、医療機関を受診しましょう。
四十肩五十肩の場合は、腕が自由に動かせないので、髪を洗ったり、衣服を着脱したりするのが難しいことが多くあります。
ほとんどの場合は半年~1年で治ると言われていますが、治療を早期に適切に受けるようにしましょう。

肩こり・四十肩五十肩の対処法

肩こり・四十肩五十肩を無くすには、緊張感を身体に与えないことが大切です。
特に、血液の流れが、筋肉が緊張すれば悪くなります。

血液の流れが悪くなれば、酸素が十分に筋肉に行かなくなって「こり」の要因になります。
同じ姿勢を長時間継続しないようにして、緊張感を意識してほぐしましょう。
また、筋肉は精神的なストレスによってこわばって、身体が緊張する場合もあるため、ストレスを心身ともに無くしましょう。
また、大切なのは、身体を普段から動かすことです。

事務所では、簡単な体操やストレッチをしたり、階段を使ったりするなど、身体を普段から動かすようにしましょう。
肩こりを解消するグッズも近年は多くあるため、自分に適したものを利用するのもおすすめです。
四十肩五十肩も、急性期の痛みが激しい場合は専門家に相談して、この後は、専門家の指示に従ってストレスや体操を行いましょう。

生活習慣による四十肩五十肩の要因

ここでは、生活習慣による四十肩五十肩の要因についてご紹介しましょう。

怪我や病気の経験がある

腰が悪くなった経験がある場合は、特に注意しましょう。
全体の体のバランスを維持するために、片方の肩を無意識に上げる場合があります。
このような場合は、骨盤や腰の歪みを整えましょう。
また、野球などで若い時期に肩が痛くなった場合も、よく発症すると言われています。

猫背・肩かけバッグ・ハイヒール・スマホやパソコンの使用

猫背の場合は、前のめりに重心がなるので歪みが体によく起きるようになります。
肩にバッグをかけている場合も、肩を自然と上げるので、負担が肩にかかります。
四十肩五十肩が、バッグをかける肩に起きる可能性が大きくなります。
ハイヒールを履く場合は、よく猫背になるため、いつも姿勢を確認しましょう。

また、スマホやパソコンを長時間使用していると、よく猫背になるため注意しましょう。
四十肩五十肩に20代や30代でなる多くの場合は、仕事でパソコンを一日中使用しているようです。
姿勢が良くなければ、四十肩五十肩になります。
姿勢が正しくなるように注意しましょう。

寝不足・ストレス・偏食

寝不足やストレス、偏食などによって優位に交感神経がなれば、血管が縮むので、血液の流れが悪くなります。
肩関節の周辺の血液の流れが悪くなれば、よく炎症が起きるため、副交感神経と交感神経のバランスを維持することが大切です。
3食ともいい栄養バランスの食事を摂って、しっかりと決まった時間に寝るなど生活を規則正しく送りましょう。
自律神経を整えるためには、趣味や運動を適度に楽しむことも必要です。

自己流で運動する

運動することは四十肩五十肩を予防するためには効果が期待できますが、逆効果に方法によってはなるため注意しましょう。
肩周りを動かすゴルフや水泳などは、特に注意しましょう。

フォームが正しければ問題ありませんが、自己流であれば腕のみを動かして肩甲骨を動かさないようになります。
そのため、負担が肩にかかるため、四十肩五十肩によくなります。
運動する際は、しっかりと正しいフォームをマスターしましょう。

鍼灸整骨院の肩こり・四十肩五十肩の施術の方法

鶴岡市の鍼灸整骨院では、詳しく普段の生活や症状の悩みなどを確認して、肩こり・四十肩五十肩の要因がないか調べます。
次に、肩こり・四十肩五十肩の要因の場所を、特殊な筋膜テストによって特定します。
全身に筋肉・神経・内臓を覆っている筋膜は繋がっているため、要因が肩ではないことがあります。
お腹・太ももの裏・腰・すね・足まで、肩の筋膜は繋がっています。

そのため、肩が上がらない要因は、意外に感じるでしょうが、親指や足にある場合が多くあります。
これ以外にも、いくつかの要因があるため、臨床の豊富な経験から探します。
生活習慣、仕事内容、日常生活の座り方や癖などでも、ポイントが一人ひとり違ってくるため、カウンセリングをしっかりと行ってアンバランスに筋肉がなっていないか、歪みが筋肉にないか調べながら、一人ひとりに応じた検査を行います。
要因をきちんと探してから、施術を行います。

手技で患部の要因にアプローチするため、症状がよく改善します。
終わりに、姿勢や日常生活、体操・ストレッチ方法について指導してくれます。
四十肩五十肩の場合は、自己流で無理に体をマッサージしたり、動かしたりすることは痛みが余計に増すため止めましょう。
再発を防止するためにも、根本的に要因を改善しましょう。

まとめ

ここでは、肩こり・四十肩五十肩の要因、肩こり・四十肩五十肩の症状、肩こり・四十肩五十肩の対処法、生活習慣による四十肩五十肩の要因、についてご紹介しました。

肩こりの要因としては、一般的に、同じ姿勢を長時間継続することによって目の疲れ、筋肉疲労、関節や背骨などの異常が挙げられます。
四十肩五十肩のも、年を取ることによって腱や肩が衰えることが要因の一つではないかと言われています。

肩こり・四十肩五十肩を無くすには、緊張感を身体に与えないことが大切です。
鶴岡市の鍼灸整骨院では、詳しく普段の生活や症状の悩みなどを確認して、肩こり・四十肩五十肩の要因がないか調べます。


肩こり整体体験レポート

この度、エイト鍼灸整骨院さんの三浦先生に施術をしていただき、以前より痛めていた肩の疼痛が改善し、非常に動かしやすくなりました。

さらに私は仕事(手術)で中腰になることが多いのですが、それにより抱えていた腰痛も改善したように思います。 整形外科医として先生方の施術の技量に感銘を受けた次第です。

また、施術中に患者様に対する三浦先生の考えをお聞きし、日夜施術の知識と技術を向上させるために努力なさっている様子を拝見し、非常に信頼できる先生だと感じました。
エイト鍼灸整骨院さんの患者様に対するお考えは、医師である私も考えるところが多く、非常に勉強になりました。
もしお身体の不調をお持ちの方がいらっしゃいましたら、エイト鍼灸整骨院さんで施術を受けることを推薦いたします。

当院が選ばれる理由

【7/16(月)以降】一部枠に空きがございます!

※予約は埋まりやすい為、候補をいくつかいただけますと予約が取りやすいです。

まずはお電話下さい!

施術の流れ

お約束

7/25(水)までに電話予約またはWeb予約で

保証について

エイト鍼灸整骨院では、患者様の利益を第一に考えております。
万が一施術にご満足いただけない場合は、費用を全額返金させて頂きますので、遠慮なくお申し付けください。

※申込みは初回施術から3日以内です。
万が一、3日を過ぎてお申込みをされても、ご返金は出来かねますので、予めご了承くださいませ。(初回施術限定となっております。)

アクセス情報

所在地

〒997-0023
山形県鶴岡市鳥居町21-11 メゾン鳥居102

駐車場

8台あり

休診日

日曜・祝祭日

ご予約について

当院は予約優先制となっております

周辺地図