- Blog記事一覧 -妊娠線を消すことはできないの?おすすめの産後ボディケア用クリーム

妊娠線を消すことはできないの?おすすめの産後ボディケア用クリーム

2018.10.29 | Category: 産後のボディケア

妊娠線は、予防ケアをしておかないと、妊婦さんの半数以上にできると言われています。
妊娠線は真皮や皮下組織の損傷によってできるため、一度できてしまうと消すのが難しいのが実情です。
しかし頑張ってケアすれば消せることもあるので、産後ボディケア用クリームを使って改善していきましょう。

 

 

・クリームの役割

 

油分は肌に浸透しないので、油分が主成分のクリームは、美容への効果がほとんどないと考えられていました。
ですが近年では、肌トラブルの原因となる乾燥やダメージへの抵抗力の低下は、バリア機能の衰えだということが分かっています。
本来なら、肌は皮脂や汗などの成分が入った天然の保湿クリームで肌を守ります。

 

しかし肌の機能が低下すると、皮脂の分泌バランスが狂ったりセラミドが不足してバリア機能が保てなくなります。
クリームの油分は表皮に薄い油膜を張ることで、バリア機能が衰えた肌を守り、内部での回復作業をサポートする役割を持っているのです。

 

 

・産後ボディケア用クリームとは

 

普通のクリームでも、妊娠線が出来た部分の肌を守る働きはしてくれます。
しかし、妊娠線は真皮まで損傷しているので、バリア機能をサポートするだけではダメージを回復させることはできません。
産後ボディケア用クリームには、油分だけではなく美容成分が配合されているのが特長です。

 

商品によって使われる美容成分は異なりますが、ターンオーバーを活性化する効果を持つ成分が入っているのが基本です。
美容成分によってターンオーバーを促進しながら、さらに肌を守り、保水力を高める効果が期待できます。
このように、肌の生まれ変わりを促してくれるので、産後ボディケア用クリームは妊娠線の改善に効果的なのですね。

 

 

・おすすめの産後ボディケア用クリーム

 

妊娠線を消すためには、真皮の亀裂を改善しなくてはいけません。
真皮を構成している主成分はコラーゲンなので、コラーゲンの合成を促したり、コラーゲンの質を高める必要があります。
コラーゲンの合成や強化をしてくれるのは線維芽細胞です。

 

ですので、おすすめの産後ボディケア用クリームは、線維芽細胞を活性化する美容成分が入っているものになります。
線維芽細胞に働くのは、ビタミンC誘導体やレチノールなどの成分です。
また、プラセンタも効果的なのでこういった成分が入っている産後ボディケア用クリームを選べば、妊娠線の解消効果が期待できます。

 

 

妊娠線は放っておいても治りません。
逆に、ケアをしないと肌機能がさらに低下して状態が悪化することもあります。
産後ボディケア用クリームは機能の低下を防いでくれるので、1日でも早く使い始めることが妊娠線解消のポイントです。