- Blog記事一覧 -バストアップクリームを上手に使用して産後のボディケアを行おう

バストアップクリームを上手に使用して産後のボディケアを行おう

2018.10.29 | Category: 産後のボディケア

授乳中はハリのある大きな胸だったのに、断乳をしたら急激にしぼんで小さくなってしまった、という経験を持つママは少なくありません。
個人差はありますが、妊娠産後は乳腺の発達によって胸が大きくなります。

 

ですが、働きを終えると乳腺は衰えるので、胸はしぼみ皮膚はたるんでしまうのです。
そんな胸に悩んでいる方は、バストアップクリームを上手に使用して産後のボディケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

・バストアップクリームは効果があるの?

 

一般的にバストアップクリームは、もともと胸が小さい人が使うイメージがありますね。
ですので、産後のしぼんだバストには効果がないと思う方もいるでしょう。
しかし授乳などでしぼんだりたるんだりしたバストであっても、バストアップクリームは効果を発揮してくれます。

 

バストアップクリームに使われる成分は商品によって異なります。
ですが、どんな成分であっても乳腺を発達させたり、保湿によって皮膚のハリを取り戻すなどバストアップに働く効果を持っています。

 

バストアップの仕組みは、出産前も後も同じですから、産後のボディケアにバストアップクリームを使うのは効果的なのですね。

 

 

・バストアップクリームの使い方

 

バストアップクリームは、塗るだけでバストアップ効果が期待できます。
ですが、プラスαでもっと効果を高めることができます。

 

それはバストマッサージをしながら塗るということです。
マッサージというと面倒なイメージがあるかもしれませんが、簡単なもので構いません。
バスト全体にクリームを塗ったら、胸の谷間から胸の形に沿って円を描くようにマッサージします。

 

これを左右10回ほど行ったら、できるだけ背中やお腹のお肉を胸にかき集めましょう。
そのお肉をブラジャーのカップに綺麗に収めたら、ブラジャーをきちんと装着してください。
これだけでバストアップクリームの効果がアップします。

 

 

・授乳中に使っても大丈夫?

 

バストアップクリームは、胸がしぼんでから使うよりも、その前からケアを始めた方が効果も出やすくなります。
ですが、授乳中に使うのは赤ちゃんへの影響が心配ですね。

 

しかしバストアップクリームは、体内に吸収されるサプリメントとは違います。
外側から働きかけるので、有効成分が赤ちゃんに影響を与えることはありません。
と言っても、授乳の時に赤ちゃんの口に入ってしまうと危ないですから、バストトップはきちんと消毒してください。

 

 

胸は女性の象徴ですから、形が変化をするとメンタル面にも影響を与えます。
元気に育児をするためにも、胸のことで悩まないようにバストアップクリームでしっかりケアをしていきましょう。