- Blog記事一覧 -肘の痛みについて

肘の痛みについて

2018.10.30 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

 

肘などの痛みを専門とする、鶴岡市、庄内で唯一の整骨院、整体院

 

エイト鍼灸整骨院、整体院の三浦です。

 

今回からは整骨院と整形外科は何が違うの⁉という情報を配信していきたいと思います!

 

今回は

「ひじの痛みについて

 

についてお伝えしていきたいと思います!

 

鶴岡市、庄内で整骨院に行ったらよいのか、整形外科に行ったらいいのかわからない‼

とお悩みのあなたにはとても役に立つ情報だと思うので

 

ぜひ最後まで読んでください!

肘の痛みが慢性化し、整形外科など病院を受診するとレントゲン検査が行われます。

このレントゲン検査は、骨折に代表される骨そのものの異常を探すのに優れた検査です。

ですから、レントゲン検査の結果骨に異常が見つからなければ異常なしと診断され、

痛いという症状に対しては湿布などの貼り薬あるいは

鎮痛剤などが処方された上で経過観察とされるケースが多々あります。

ここで、痛みの原因を考えた場合、

骨格や関節のずれ・歪みが関連している症例があります。

骨格や関節のずれや歪みでよく知られているのは、

産後の腰痛をもたらす骨盤のずれです。

妊娠中に大きくなるお腹を支えて分娩時に大きく開いた骨盤の変化がそのまま戻らないと、

骨盤周辺の筋肉や靭帯の炎症をもたらして産後腰痛となります。

骨格や関節のずれは、骨盤に限らず頸椎や肩関節でも起こります。

その原因はいろいろです。

交通事故のむちうち症で頸椎がずれると

頸椎本来の骨格のカーブがなくなるストレートネックが起きたり、

デスクワークやスマホ凝視の時間が長くさらに猫背など姿勢の悪さから肩関節がずれる内旋骨と骨格や関節のずれにはいろいろなタイプがあります。

こうし骨格や関節のずれは、いろいろな支障をもたらします。

例えばストレートネックの状態になると

重い頭部の負担を受ける頸椎の筋肉や靭帯が圧迫されて傷んだり、

肩の関節が内側に巻き込まれる内旋骨が原因で腕や肘に痛みやしびれが発現するケースも少なくありません。

長引く症状がこうした骨格や関節のずれ・歪みに由来している場合、病院の貼り薬や鎮痛剤などで根本的に治療するのは困難です。

鶴岡市のエイト鍼灸整骨院は、こうした骨格や関節の歪みやずれに着目していろいろな痛みを根本改善している骨格矯正整体を専門にする整骨院です。

鶴岡市エイト鍼灸整骨院では、

肘の痛みで来院の患者様に対しては最初に全身の骨格や関節を丁寧に検査しています。

これは、痛い部分が肘であっても、

その原因は別の場所にあることも少なくないためです。

歪みやずれの箇所がわかったら、

手技をはじめ鍼灸の経絡治療や電気治療、

温熱治療など患者さんごとに最適な施術メニューをチョイスして組み合わせ、

オーダーメイドの骨格矯正をしていきます。
骨格矯正で歪みやずれの部分が正しい位置に納まると、

傷んでいた筋肉や靭帯の負担がなくなります。

その段階で患者さんが痛いと訴える個所のマッサージや鍼灸治療をしていきます。

骨格のずれや歪みという根本的な原因を最初に取り除いているので、

施術後に肘痛がリバウンドしないのが鶴岡市エイト鍼灸整骨院の治療の特徴です。

今まで病院に長く通って改善が見られないという方はご相談ください。