- Blog記事一覧 -どこでも出来るツボ押しやストレッチによる腰痛ケアの方法

どこでも出来るツボ押しやストレッチによる腰痛ケアの方法

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

鶴岡市・庄内 腰痛 治療を得意とする

エイト鍼灸整骨院・整体院 三浦です!

本日も鶴岡市・庄内町で腰痛にお悩みのあなたの為に

お役立ちの情報をお伝えしていきます!

本日のテーマは・・・「どこでも出来るツボ押しやストレッチによる腰痛ケアの方法」です!

鶴岡市・庄内にある腰痛治療専門で行っている整骨院・整体院だからこそ知っているケア方法について三回に分けてお伝えしていきたいと思います!

腰痛ケアはたくさんありますがどれも大事ですね!

是非参考にしていただければと思います!

腰痛は悪化すると生活にも支障が出る

急に腰が痛くなったけど、湿布もないし痛み止めもないなんてことはよくあります。

また、腰痛ケアのために運動したいけど、家事や仕事が忙しくてしている暇がないという方も多いでしょう。

痛みを押して生活をしていると腰痛はどんどん悪化して、ひどくなると起きれない、歩けないという状態になるかもしれません。

そうなる前に、時間がなくてもどこでも出来るツボ押しやストレッチで腰痛ケアをしておきましょう。

腰痛に効くツボ

ツボ押しというのは、全身を流れている気の経路を刺激することで、治癒力や代謝を高めて体の不調を改善する健康療法です。

本格的なツボ押しとなると勉強が必要ですが、ピンポイントを刺激するだけなら簡単ですし、家事の合間や通勤時間、休憩時間などを利用して手軽にできるので腰痛に効くツボを覚えておくといいですね。

慢性的に腰が痛む、または仙骨や骨盤の奥に痛みがあるという場合は、腎経の流れを良くする照海というツボを刺激しましょう。

照海は、内側のくるぶしから真下に、親指1本分のところにあるツボです。

照海に親指を置いたら、息を吐きながらゆっくり押してゆっくり離してください。

これを5分ほど繰り返すと、痛みが緩和されます。

ぎっくり腰など急性腰痛には、中封というツボを刺激しましょう。

内くるぶしとその前に浮かび上がる腱の間のくぼみにあるのが中封と言うツボで、ここに親指か人差し指を食い込ませてゆっくり押して離します。

このツボも5分ほど繰り返すことで急性腰痛の痛みを緩和できます。

腰痛はストレッチで解消

背骨から腰にかけては細かい筋肉がたくさんついていますが、これらの筋肉は動かさないと固まってしまい、体の動きについていけず痛みが発症します。

ストレッチは筋肉に柔軟性を与えて可動域を広くするので、痛みの予防や緩和に効果的です。

腰痛緩和のストレッチは、まず足から背中にかけてつながる筋肉を柔らかくすることから始めます。

背中から足のラインの筋肉が固いと引っ張り合って腰に負担がかかるので、立ってても座っててもいいので背筋をまっすぐに保ちながら前屈をしましょう。

次は、腰から背中の筋肉を緩めるストレッチで、四つん這いになったら、息を吐いてお腹を引っ込めながら背中をぐっと引き上げて丸めます。

吐ききったら、息を吸いながらゆっくりと腰と背中を猫の伸びのように反らせるというストレッチを5回程行ってください。

ちょっとした時間でいいのでストレッチを続けていけば、筋肉に柔軟性が出て負担を和らげられるので効果的な腰痛ケアができます。

腰痛にはストレッチが一番!

何といっても腰痛に対してはストレッチが一番重要です!

また、腰のストレッチのみではなく、下半身や上半身の柔軟性も実は腰痛にとても関係してきます!

是非全身の柔軟性を高めて腰痛予防に努めていきましょう!

以上3回にわたりお伝えしてきました!

是非参考にしていただけたらと思います。

鶴岡市・庄内 腰痛治療専門 エイト鍼灸整骨院・整体院 三浦でした!