- Blog記事一覧 -腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について

腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

鶴岡市・庄内 腰痛 治療を得意とする エイト鍼灸整骨院・整体院 三浦です!

本日も鶴岡市・庄内町で腰痛にお悩みのあなたの為にエイト鍼灸整骨院・整体院ではお役立ちの情報をお伝えしていきます!

本日のテーマは・・・「腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について」です!

歩行の姿勢が悪いと腰に負担がかかる

歩くという行動は生活活動をする上で欠かせないことですし、腰痛がなければ特に歩き方を意識することもないでしょう。

しかし腰に痛みがあると、ただ歩くことさえ辛くなります。

歩くときには、腰は上半身を支えながら下半身から受ける衝撃を吸収しています。

そのため、歩き方によっては大きな負担をかけてしまうので、

腰痛を持っている方は痛みを悪化させないために、正しい歩行の姿勢で負担をかけないようにすることが大事です。

あなたの歩き方は大丈夫でしょうか?

長時間歩いていると腰に痛みが出現するあなたは必ず意識をした方が良いでしょう!

自分の歩き方を把握する

歩くときは常に鏡を見ているわけではありませんから、

自分がどのような姿勢で歩いているか分からないものです。

正しい姿勢で歩いているか、どのような癖があるのか判断するには、靴底の減り方を見てみましょう。

靴のかかと部分が磨り減っている場合は、膝が曲がっていたり、背中が丸まったまま歩いている可能性があります。

靴底の外側が減っている場合はO脚になっていたり、ガニ股になっていますし、内側が減るのはX脚や内股になっているかもしれません。

片方の靴底だけ極端に減っているのであれば、骨盤の歪みが大きく、左右非対称の姿勢で歩いています。

いずれにしても、正しい歩き方をしていれば靴底は均等に減っていきますから、一部分だけ明らかに減っている場合は間違った歩き方をしているので、歩くだけで腰に大きな負担をかけています。

どうでしょうか?自分の靴底を今すぐチェックしてみましょう!!

左右差がある場合などは特に腰痛の原因に大きく関係してきます!

負担をかけない歩行姿勢

腰に負担をかけないようにするには、歩くときの姿勢を正しましょう。

体の重心はかかとにおいてつま先はまっすぐに前に向け、体の中心軸がぶれないように、頭は上から釣られているようなイメージでまっすぐにたちます。

あごは軽く引いて、目線は地面に対して平行になるように、もしくは平行よりも少し上におきましょう。

これが基本姿勢で、歩くときには出来るだけこの姿勢を崩さないように歩くことが大切です。

また歩幅が小さいと姿勢が悪くなりやすいので、いつもよりも大股で歩くことを心がけて、腕もしっかり振りましょう。

足を踏み出すときには、かかとから蹴り上げてつま先が地面から離れるのは一番最後になるようにします。

踏み出した足が曲がらないように意識して膝を伸ばし、地面に着地するときはかかとに体重を乗せるようにしてください。

このように、細かいポイントをチェックしながら歩くのは大変かもしれませんが、慣れてしまうと逆に体が楽になります。

正しい姿勢で歩くことで腰への負担は大幅に減らせますし、可動域も広がるので血流が改善されて肩こりなど他の症状の改善効果も期待できます。

それに見た目的にも綺麗ですし、姿勢を直せば骨盤や腰周りの歪みも矯正されていきますから、腰痛改善にもつながるので今日から実践しましょう。

以上4回にわたって腰痛と歩行姿勢についてお伝えしてきました。

歩行と姿勢は腰痛改善を考えるうえでとても重要なことになってきます。

何かお困りのこと、ご質問等ございましたら是非鶴岡市・庄内町エイト鍼灸整骨院・整体院にご相談ください!!

ではまた!!