- Blog記事一覧 -産後ボディケアを考えた紫外線対策の基本についてご紹介

産後ボディケアを考えた紫外線対策の基本についてご紹介

2018.10.25 | Category: 産後のボディケア

妊娠から出産、産後までは女性ホルモンの分泌量がめまぐるしく変化します。

これは赤ちゃんを無事に育てるために必要なことなのですが、女性ホルモンは女性の体に大きく影響を与えます。

その影響は肌にも現れるもので、産後はメラニン色素が出来やすくなります。

産後ボディケアでは紫外線対策も必要ですから、その基本をご紹介しましょう。

美白化粧品は無添加のものを

紫外線対策をする上で欠かせないのが美白化粧品ですね。

美白化粧品は、できてしまったメラニン色素にアプローチするものと、メラニン色素の生成を防ぐものがあります。

紫外線を完全にカットするのは難しいので、メラニン色素の生成を抑制するタイプの美白化粧品を使うのはマストです。

ここで気をつけたいのが添加物です。

産後のお肌は刺激に対して敏感になっているので、添加物のせいでトラブルが起きる可能性があります。

普通なら大丈夫だとしても、産後の紫外線対策として美白化粧品を使うときには、無添加のものを選ぶのが基本です。

メイクをしなくても日焼け止めは必須

産後は、赤ちゃんに頬ずりしたり、赤ちゃんがママの顔を触ったりするのでメイクをしないという方も多いでしょう。

最近は化粧下地に日焼け止めが入っているものがあります。

これに頼りきっていると、メイクをしないときは日焼け止めを塗り忘れてしまうかもしれません。

ですので、メイクをしないときでも日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。

そんなの当たり前と思うかもしれません。

ですが、忙しい育児中は乳液やクリームで仕上げて終わり、ということもあるので意識して日焼け止めを使ってください。

野菜をたっぷり食べましょう

最近は、飲む日焼け止めと言われる紫外線対策サプリメントが人気ですね。

こういったサプリメントは、お出かけ前に飲むだけで紫外線の影響を防いでくれます。

しかし授乳中の場合は、安全と言われるサプリメントであっても、不要なものはできるだけ摂取しないのがベストです。

ですが、メラニン色素は体内で作られるものですから、やはり内側からのケアも必要です。

野菜に含まれるビタミンやミネラルには、肌機能を高めてくれる効果があります。

また紫外線によるダメージを回復させたり、メラニンの合成を防いだりする働きを持つ成分も入っています。

野菜なら美容にも健康にも良いので、積極的に食べましょう。

産後ボディケアはやることがいっぱいあるので、つい紫外線対策を忘れてしまうかもしれません。

ですが産後はメラニン色素が大量にできやすいですから、うっかりするとシミだらけなんてこともあります。

いつまでも綺麗なママでいるためにも、紫外線対策の基本はしっかり守りましょう。