- Blog記事一覧 -運動の痛みが残る場合に鶴岡市で受けられるスポーツサポーター治療

運動の痛みが残る場合に鶴岡市で受けられるスポーツサポーター治療

2018.10.30 | Category: スポーツの痛み解消

スポーツサポーターとスポーツテーピングはとても似ている役目があります。

しかしただ単にスポーツサポーターを使えば良いということではなく、正しい知識の元に使用することで身体を守ることができます。

・スポーツサポーターの役割

スポーツをしていて怪我をしてしまったことがあるでしょうか?

一度怪我をするとクセになるということがあり、繰り返し同じ部位を怪我する傾向があります。

これは怪我をした部位の筋肉や関節が弱ってしまっているためで、きちんとした処置を行わないとさらにひどい怪我をしてしまうこともあります。

このような怪我を予防するために使われるのがスポーツサポーターになります。

テーピングの場合には一時的に処置する時に使用することがありますが、試合後には外す必要があります。

さらに正確につけていたテーピングもずれてしまうのでもう一度巻き直すことが必要です。

しかしスポーツサポーターは完成されている製品なので、ずっと使い続けることができます。

さらにキチンと使い方を学べば素人でも着脱を行なうことができます。

・怪我のサポートだけなく年配者にも効果的

スポーツサポーターの役目は筋肉や関節のサポートです。

ですからスポーツをしている人の使うものというイメージがあるかもしれません。

しかし膝の動きが悪くなってきた、膝が痛くて散歩もできないというような年配者にもスポーツサポーターは効果的と言えます。

ウォーキングや登山を楽しむためにスポーツサポーターを利用している方もいるみたいですね。

しかしスポーツサポーターを使用する時には注意も必要です。

膝に良いスポーツサポーターを見つけたとしても自分で勝手に選ばないということです。

サポーターは確かに身体をサポートしてくれますので、怪我の防止や歩行のサポートなどの効果があります。

しかし自分に本当に合っているのかどうかを専門家に尋ねる必要があります。

自分では良いと思っていたサポーターが逆に身体を痛める結果になってしまってはもったいないですね。

・スポーツトレーナーに聞くスポーツサポーターの使い方

スポーツサポーターの中にはかなりきつく固定するタイプのものもあります。

このようなタイプの場合には装着部位がうっ血してしまったり、正常な機能を妨げるという可能性もあります。

ですから使い始める時には専門家に聞いてみるようにしてください。

鶴岡市のエイト鍼灸整骨院にはプロスポーツ選手の身体を守ってきたプロのスポーツトレーナーがいますのでいいですね。

まずは専門家に正しい使い方をレクチャーしてもらいましょう。