- Blog記事一覧

Blog記事一覧

腰痛対策を考えた場合の正しい寝具の選び方について

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

鶴岡市の整骨院、整体院 エイト鍼灸整骨院三浦です。

本日は寝具について情報を提供してい行きたいと思います。

朝起きると腰が痛い・・・

夜中に目が覚めてしまう・・・

という方にはとっても役に立つと思います!

最後まで読んで下さいね!!

寝るときの姿勢と腰痛の関係

寝るときの姿勢というのは、腰痛に大きく関わっています。
人間は寝ているときでも体を動かして姿勢を調整するために寝返りを打ちますが、この寝返りがきちんと出来ないと腰に負担をかけてしまいます。
寝返りをスムーズにうつには寝具が重要なので、腰痛対策のためには正しい寝具を選ぶことも必要になのです。

腰痛に悪い寝具とは

柔らかい寝具は、寝転がったときにとても気持ちが良いものです。
しかし柔らかいということは体の重みをしっかり支えられないので、ずっと寝ていると体が沈み込んでしまいます。
いくら柔らかい寝具でも、体が沈んだ状態だと寝返りを邪魔してしまいます。
また、体を支えられないので背骨が曲がった状態のままになってしまい、歪んだ姿勢で長時間寝ている状態を引き起こします。
起きていれば体勢を変えることができますが、寝ていると自分の意思で変えられません。
では硬い方が良いかというとそういうわけでもないのです。
寝具が硬すぎると、体を支える部分が数箇所に限定されてしまうので、その部分にだけ集中して負荷がかかります。
さらに不自然な形で支えられていると筋肉が緊張するため、結果的に体に負担がかかり、腰の痛みを引き起こしてしまいます。

腰痛対策のための寝具の選び方

腰痛を起こさないためには、体をきちんとホールドしながらも適度に寝返りが打てる寝具を選ぶことが重要です。
つまり、柔らかすぎず硬すぎない寝具が一番理想です。
最近は布団メーカーから体圧を分散出来るタイプの寝具が発売されています。
体圧を分散するというのは、寝ているときにかかる負荷を数箇所に集中するのではなく、体全体に均等に圧力がかかるようにすることです。
寝ているときは特に腰に負荷がかかりますが、こういったタイプの寝具であれば、腰への負担を軽減できるので痛みも緩和されます。
また適度な硬さがあるので、体をホールドしすぎることもなく寝返りも楽に打つことができるので、寝ているときの姿勢にも無理がありません。

寝具はお金をかけるべき腰痛対策

寝具はけっして安いとは言えない商品なので、買い換えるとなるとどうしても値段が気になってしまうでしょう。
しかし、寝具次第で腰痛対策ができるかできないか決まると言っても過言ではないぐらい、寝具は腰の痛みに深く関わっています。
もちろん高額な商品だったら腰痛対策が出来るというわけではありませんが、それでも安い商品はそれなりの品質になってしまうのも事実です。
ですので、腰痛対策を考えた場合は、値段ではなく寝心地や寝ているときの姿勢までしっかり計算されて開発された寝具を選ぶようにしましょう。

腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

鶴岡市・庄内 腰痛 治療を得意とする エイト鍼灸整骨院・整体院 三浦です!

本日も鶴岡市・庄内町で腰痛にお悩みのあなたの為にエイト鍼灸整骨院・整体院ではお役立ちの情報をお伝えしていきます!

本日のテーマは・・・「腰痛の方が意識したい、負担をかけない歩行の姿勢について」です!

歩行の姿勢が悪いと腰に負担がかかる

歩くという行動は生活活動をする上で欠かせないことですし、腰痛がなければ特に歩き方を意識することもないでしょう。

しかし腰に痛みがあると、ただ歩くことさえ辛くなります。

歩くときには、腰は上半身を支えながら下半身から受ける衝撃を吸収しています。

そのため、歩き方によっては大きな負担をかけてしまうので、

腰痛を持っている方は痛みを悪化させないために、正しい歩行の姿勢で負担をかけないようにすることが大事です。

あなたの歩き方は大丈夫でしょうか?

長時間歩いていると腰に痛みが出現するあなたは必ず意識をした方が良いでしょう!

自分の歩き方を把握する

歩くときは常に鏡を見ているわけではありませんから、

自分がどのような姿勢で歩いているか分からないものです。

正しい姿勢で歩いているか、どのような癖があるのか判断するには、靴底の減り方を見てみましょう。

靴のかかと部分が磨り減っている場合は、膝が曲がっていたり、背中が丸まったまま歩いている可能性があります。

靴底の外側が減っている場合はO脚になっていたり、ガニ股になっていますし、内側が減るのはX脚や内股になっているかもしれません。

片方の靴底だけ極端に減っているのであれば、骨盤の歪みが大きく、左右非対称の姿勢で歩いています。

いずれにしても、正しい歩き方をしていれば靴底は均等に減っていきますから、一部分だけ明らかに減っている場合は間違った歩き方をしているので、歩くだけで腰に大きな負担をかけています。

どうでしょうか?自分の靴底を今すぐチェックしてみましょう!!

左右差がある場合などは特に腰痛の原因に大きく関係してきます!

負担をかけない歩行姿勢

腰に負担をかけないようにするには、歩くときの姿勢を正しましょう。

体の重心はかかとにおいてつま先はまっすぐに前に向け、体の中心軸がぶれないように、頭は上から釣られているようなイメージでまっすぐにたちます。

あごは軽く引いて、目線は地面に対して平行になるように、もしくは平行よりも少し上におきましょう。

これが基本姿勢で、歩くときには出来るだけこの姿勢を崩さないように歩くことが大切です。

また歩幅が小さいと姿勢が悪くなりやすいので、いつもよりも大股で歩くことを心がけて、腕もしっかり振りましょう。

足を踏み出すときには、かかとから蹴り上げてつま先が地面から離れるのは一番最後になるようにします。

踏み出した足が曲がらないように意識して膝を伸ばし、地面に着地するときはかかとに体重を乗せるようにしてください。

このように、細かいポイントをチェックしながら歩くのは大変かもしれませんが、慣れてしまうと逆に体が楽になります。

正しい姿勢で歩くことで腰への負担は大幅に減らせますし、可動域も広がるので血流が改善されて肩こりなど他の症状の改善効果も期待できます。

それに見た目的にも綺麗ですし、姿勢を直せば骨盤や腰周りの歪みも矯正されていきますから、腰痛改善にもつながるので今日から実践しましょう。

以上4回にわたって腰痛と歩行姿勢についてお伝えしてきました。

歩行と姿勢は腰痛改善を考えるうえでとても重要なことになってきます。

何かお困りのこと、ご質問等ございましたら是非鶴岡市・庄内町エイト鍼灸整骨院・整体院にご相談ください!!

ではまた!!

どこでも出来るツボ押しやストレッチによる腰痛ケアの方法

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

こんにちは!

エイト鍼灸整骨院・整体院の三浦です!

本日もお役立ちの情報をお伝えしていきます!

本日のテーマは・・・「どこでも出来るツボ押しやストレッチによる腰痛ケアの方法」です!

腰痛治療専門で行っている整骨院・整体院だからこそ知っているケア方法について三回に分けてお伝えしていきたいと思います!

腰痛ケアはたくさんありますがどれも大事ですね!

是非参考にしていただければと思います!

腰痛は悪化すると生活にも支障が出る

急に腰が痛くなったけど、湿布もないし痛み止めもないなんてことはよくあります。

また、腰痛ケアのために運動したいけど、家事や仕事が忙しくてしている暇がないという方も多いでしょう。

痛みを押して生活をしていると腰痛はどんどん悪化して、ひどくなると起きれない、歩けないという状態になるかもしれません。

そうなる前に、時間がなくてもどこでも出来るツボ押しやストレッチで腰痛ケアをしておきましょう。

腰痛に効くツボ

ツボ押しというのは、全身を流れている気の経路を刺激することで、治癒力や代謝を高めて体の不調を改善する健康療法です。

本格的なツボ押しとなると勉強が必要ですが、ピンポイントを刺激するだけなら簡単ですし、家事の合間や通勤時間、休憩時間などを利用して手軽にできるので腰痛に効くツボを覚えておくといいですね。

慢性的に腰が痛む、または仙骨や骨盤の奥に痛みがあるという場合は、腎経の流れを良くする照海というツボを刺激しましょう。

照海は、内側のくるぶしから真下に、親指1本分のところにあるツボです。

照海に親指を置いたら、息を吐きながらゆっくり押してゆっくり離してください。

これを5分ほど繰り返すと、痛みが緩和されます。

ぎっくり腰など急性腰痛には、中封というツボを刺激しましょう。

内くるぶしとその前に浮かび上がる腱の間のくぼみにあるのが中封と言うツボで、ここに親指か人差し指を食い込ませてゆっくり押して離します。

このツボも5分ほど繰り返すことで急性腰痛の痛みを緩和できます。

腰痛はストレッチで解消

背骨から腰にかけては細かい筋肉がたくさんついていますが、これらの筋肉は動かさないと固まってしまい、体の動きについていけず痛みが発症します。

ストレッチは筋肉に柔軟性を与えて可動域を広くするので、痛みの予防や緩和に効果的です。

腰痛緩和のストレッチは、まず足から背中にかけてつながる筋肉を柔らかくすることから始めます。

背中から足のラインの筋肉が固いと引っ張り合って腰に負担がかかるので、立ってても座っててもいいので背筋をまっすぐに保ちながら前屈をしましょう。

次は、腰から背中の筋肉を緩めるストレッチで、四つん這いになったら、息を吐いてお腹を引っ込めながら背中をぐっと引き上げて丸めます。

吐ききったら、息を吸いながらゆっくりと腰と背中を猫の伸びのように反らせるというストレッチを5回程行ってください。

ちょっとした時間でいいのでストレッチを続けていけば、筋肉に柔軟性が出て負担を和らげられるので効果的な腰痛ケアができます。

腰痛にはストレッチが一番!

何といっても腰痛に対してはストレッチが一番重要です!

また、腰のストレッチのみではなく、下半身や上半身の柔軟性も実は腰痛にとても関係してきます!

是非全身の柔軟性を高めて腰痛予防に努めていきましょう!

以上3回にわたりお伝えしてきました!

是非参考にしていただけたらと思います。

鶴岡市・庄内 腰痛治療専門 エイト鍼灸整骨院・整体院 三浦でした!

鍼灸整骨院での腰痛対策

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

老若男女 腰痛に悩む人が多い現代。私もその1人で長年の悩みです。

一口に腰痛と言っても、急性的なぎっくり腰だったり、慢性的なものだったり、手術が必要なものだったり、程度は様々です。

ただ日常生活の中で腰が痛いという事はとても不便で憂鬱な事ばかりです。

私の場合は急性的なものではなく、慢性腰痛に長年悩んでいるのですが、調子が悪い時は 立っていても座っていても横になっていても痛いという憂鬱な日々が続きます。

最初の頃は整形外科で診察してもらうようにしていたのですが、改善はみられずいくつかの病院を転々としていました。

その頃整体院や整骨院 鍼治療というのはあまり考えていませんでした。私の腰痛の原因は骨盤のゆがみとズレ。

それはどこで診察してもらっても同じですが、なかなか改善しないので、私の中では馴染みがなかった鍼灸整骨院で診てもらおうと考え思い切って通うことにしました。

そしてしばらく通い、施術を続けていくうちにだんだん痛みが軽減してくるようになりました。

鍼灸整骨院ではただ腰の状態を診るわけではなく、まわりの筋肉だったりお腹まわりだったり、全体のバランスが大切だという事が分かりました。

まだ完全に痛みが消えてはいないけど、あと一歩で腰痛から解放されそうです。

日々のメンテナンスがとっても重要。痛みにお悩みの方は鍼灸整骨院で腰痛対策をしてみませんか。

腰痛が辛い時は整体院で治療を!

2018.10.31 | Category: 腰痛の解消

腰痛の原因は非常に多く、姿勢の悪さや筋肉に対する過度な負担、加齢による筋肉の衰えや骨の老化など多岐にわたります。

最初は軽い違和感や特定の姿勢で痛みを生じるだけでも、放っておくと悪化して日常生活に支障が出る可能性もあります。

鍼灸整骨院・整体院では、椎間板ヘルニアや坐骨神経症をはじめ、骨盤のズレや筋肉のコリによる腰痛まで、様々な原因に合わせた施術を行っています。

腰痛の治療やケアを行っている施設は、主に整形外科や接骨院、整体院や鍼灸院などです。

鍼灸整骨院・整体院で受けられる施術の特徴は、同じ姿勢や血行不良でこり固まった筋肉を柔らかくほぐすことで、筋肉に溜まったしつこい疲労を解消したり血行を促進させます。

整体は整体院によって扱う施術に幅があり、西洋で生まれたカイロプラクティックや東洋医学のあん摩・マッサージなどの良い部分を融合させ、それぞれの症例に適した手技で痛みの緩和を目指す療法です。

そのため整体院によって得意とする症状があるので、腰痛を解消したい時は腰痛に対する治療に力を入れている鍼灸整骨院・整体院を選ぶことをおすすめします。

施術を行うと同時に、日常生活で腰に負担をかける行動や習慣などを見直し、アドバイスを受けることも可能です。